2013年05月15日

《 大山ゴルフクラブ 韓国人誘客や若手育成 》





5月13日の日本海新聞の記事を紹介。

大山ゴルフクラブが在日企業に取られたって話。


以下一部省略して紹介。



大山ゴルフ(伯耆町小林)の経営権が伊藤忠商事から「Yamazen(ヤマゼン)」(神戸市、平山善裕会長)に移行して1日、正式に改装オープンした。
新たに総支配人に就任したのはプロゴルファーの平石武則氏。


=中略=

同ゴルフクラブは、伊藤忠商事や地元政財界の出資で1968年に運営会社を設立。

=中略=

また、平山会長が在日韓国商工会議所(東京都)の名誉会長を務めていることから、ゴルフが人気の韓国内の起業家などに働き掛けて誘客につなげたいとしている。

=以外省略=



もうちょと詳しくこの件を知りたい方は、こちらのサイトを見てみて下さい。


大山ゴルフクラブは、大山のすぐ麓じゃねぇか。

大山は、霊峰である。

そんな場所までカサカサと這い回る在日にますます怒りが沸いてくる。



この大山ゴルフクラブのような件は、全国的にあるようで。

在日共は、パチンコ資金でゴルフ場を経営している会社の株を買い占めているらしいね。

まぁやはり、広大な面積の“土地”を奪うためか。

法律に無知なのでその辺は分からない。

筆頭株主になったからって、大山ゴルフクラブの敷地の所有権まで、ヤマゼンに移るもんなのかは分からない。


ただ、外国人が日本の土地を買えるのは知っている。

まぁ話が大山ゴルフクラブの件からズレるけども…。

マジで外国人(中国人や韓国人)に土地を買わせないでくれ。

日本の土地を守るため、外国人から所有権を強引に取り上げる法があったっていいと思うんだ。

せめて、買わせない法整備を急いで欲しい。



何より、日本は早くパチンコを禁止するか、国営化して日本人経営にするかして、反日の在日共の資金源を断ってくれ。

そしてパチンコで稼いだ在日の資金は没収でいい。

いやホント。

だってあいつら、朝鮮から逃げ出して不法入国して、日本人が終戦直後で武器を持たないのをいいことに土地を不法占領して奪った奴らの末裔なんでしょ?

没収でいいだろうよ。そんなもん。




パチンコは日本に根付く巨悪だからな…。

安倍総理は第一次安倍内閣で、この巨悪と向かい合った為、相当苦しい圧力を掛けられた。

だが、今回も戦ってくれると信じている。


その為にはやはり、自民に参院選圧勝してもらわないと。

参院選圧勝の後、少しずつ改正してくれると思う。


いわゆる保守派の、焦りというか、何故すぐやらないのか!という気持ちはよく分かる。

だが、やはり、政治って複雑で難しいんだと思う。

多数決の原理だからこそ、一人でも多くの人に気づいてもらって、声を上げて欲しい。


少しずつだね。











posted by 前田 at 17:54| Comment(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。