2014年03月03日

《 米子ゴルフ場を自衛隊に譲れ 》






米子市議会の、平成25年9月定例会(第4号9月11日)の議事録中から、「 矢倉強 」議員の質問を取り上げる。


矢倉強議員をお勧めするための記事ではないと思って欲しい。

というのは、「 米子市議会議場に国旗及び米子市旗を掲げる陳情 」に対して反対した議員だというのが引っかかっているから。

矢倉強議員については後で納得できるように調べたい。



今回は矢倉議員より、「 米子ゴルフ場 」についてがメイン。

米子ゴルフ場が「 陸上自衛隊米子駐屯地 」に隣接しているという情報が一番重要。



答弁を以下より―






矢倉議員


 一言、社会情勢述べてから本題に入らさせていただきます。安倍政権が発足してから、我が国は経済や、あるいは防衛問題に特段の配慮が払われております。とりわけ防衛政策においては、かつてタブーとされていた武器輸出三原則の大幅緩和や、海兵艇などの防衛力の大幅増強に今踏み出そうとしております。これも普通の国家づくりのあらわれかなと理解はいたしているつもりであります。しかし、世界の国々は、我が国が北朝鮮との核問題、あるいは領土問題などで対立を深めている。そういうことを、その現実を憂慮し、大変今、我が国の軍事力の、防衛力の増強に対して注目をいたしているところであります。そういう中で、オリンピックの東京招致ということが決まり、久しぶりに我が国に明るい話題が今提供されております。そして、国民はこぞって再び元気で明るく前進できると、そういう気持ちが今湧いている。そのような社会情勢、今日の社会情勢を踏まえまして、私、米子市の市議会、今定例会において、米子市のまちづくりにあるべき姿について、大要3点についてお伺いいたしますので、市長初め関係各位の皆さんの明快なる御答弁をお願いするものであります。
 まず初めに、自衛隊に隣接します米子ゴルフ場問題についてからお伺いをいたしたいと思います。御承知のように、今このゴルフ場は、チュウブ芝さんに経営を委託しております。この契約も残すところ3年余りとなってまいりました。いよいよ今後の土地利用を検討する、そういう時期に差しかかったと思っております。そもそもこの民間委託問題につきましては、私自身もここの本会議で御提案をし、そして委員長として一汗流させていただいた、そういう案件でもあるわけです。野坂市長はよくよく御承知のことであると思っております。当時は、約5,000万の赤字経営でございました。しかし、これといった妙案もないことから、5,000万で賃貸に出せば差し引き1億だでと、そういうことなどなどありまして、大なたを振るったということで、ざっとてんまつを申し述べればそういうことではなかったかなと思います。したがいまして、これが決定的な政策であったというわけではなくて、あくまでも暫定措置であったというふうに私は理解をいたしているわけであります。この米子ゴルフ場は、米子市でも唯一といっていいぐらい、今、大変貴重な米子市の財源だと私は思っております。今、米子市は、やりたくてもできない、そういう事業が山積しております。それを先送り先送りしてくれば、米子市というのはまさに沈滞してくるというのは目に見えているわけです。しかし、この財源がない厳しい状況であります。このゴルフ場問題が、私は米子市の今後の政治の大きな分岐点になるんではないかなというふうに思っております。そういう意味合いからも、市長は、一つの考え方として、このゴルフ場を売却する、そういうお考え方をお持ちになるべきではないかと思うわけですけども、まずお伺いしておきます。







野坂市長


 この米子ゴルフ場でございますけども、当時の運営団体でありました財団法人米子市福祉事業団が平成18年の3月末日をもって解散をいたしまして、平成18年4月からゴルフ場用地及び建物を新たに民間事業者に年間5,600万で貸し付けいたしているところでございます。この賃貸借期間は平成29年3月31日までとなっておりますが、その後の用地の活用策などにつきましては、議会とも御相談しながら取り組んでまいりたいと考えております。






矢倉議員


 無難な答弁だと思いますけども、私はまずお話を持っていくのは、隣の陸上自衛隊にまず話を持ちかけるべきだと思っております。なぜかと申しますと、この陸上自衛隊の駐屯地は、もともとが非常に狭あいであったわけです。近年、移転するといううわさも出たほどでございます。今、テロの最前線の一つとして指定をされて、隊員も結構ふえております。そして、イラクで活動しておった車両も多くここに導入されたという情報もあります。ますます狭あいになっておるわけです。このゴルフ場は約13万5,000坪ございます。バブルの当時は200億という声もあったとも聞いております。現在、低く見積もっても60億、70億という、431の極めていい土地であります。そのぐらいの価値はあるだろうと思っております。そういう意味合いもあって、また自衛隊さんにとっても、話しがあれば願ったりかなったりの用地ではないかと思うわけです。市長はこの自衛隊への用地問題も検討されるお考えはないか、その点伺っておきます。






野坂市長


 自衛隊の件については先ほど御答弁させていただいたとおりでございますが、本庁舎敷地としての活用ということでございますけども、本庁舎、この庁舎自体はまだ約30年使えるということでございますし、またここの賃貸借期間もあるわけでございますんで、それを考えますと、移転ということは随分先のことではないかというふうに考えております。その時点となりますと、社会経済情勢も大きく変化していると考えられると思っております。将来、庁舎建てかえということになれば、その時点で庁舎の位置についても十分な議論が必要であると思っておりまして、その庁舎、30年近く先のことを今議論するのはいかがなものかなというふうに思っているところでございます。また、企業誘致のほうについては担当部長から答弁させたいと思います。







大江経済部長


 米子ゴルフ場用地の、企業誘致の用地へとしてどうかという御提言でございます。当該用地は、先ほど議員さんも言われましたように、広いです、約45ヘクタールございます。ここは元ゴルフ場ですから非常にアンジュレーションがあるというか、あれですから、もし造成するとなると45ヘクタール相当な造成費用が必要になると考えられますし、それから広過ぎて完売ができたとしてもかなりの期間がかかるだろうと思います。現時点でも地価は下落傾向にありますので、それだけの面積を企業誘致用地としてというのは非常に難しいかと思っております。それからまた、そこの部分、御承知のように、日本海に面しておる部分でございまして、標高が佐渡島東方沖断層地震の際に想定されます本市の津波到達高4.72メートルよりも地盤が低いです、そこの部分は。ですから、その点からしますと、仮に企業さんが米子に出たいと言われても、わざわざその4.72より低いところに用地を希望されるというのは、非常に今の状況からいって考えにくいところもありまして、敬遠される要因になるんではないかというふうなことも思っております。したがいまして、なかなか企業誘致用地への転用というのは難しいというふうに考えております。







湯浅企画部長


 私を中心にして何かプロジェクトチームをみたいな話がございましたけども、先ほども市長が申し上げましたように、庁舎問題については、現在のこの庁舎がまだ30年という期間、使用可能だというふうに考えておりまして、本庁舎部会でまとめた資料ということ、米子市の考え方としてまとめたものを出しておりますので、それに沿って進めていきたいというふうに考えております。






矢倉議員


 答弁聞いておりまして、私も当然皆さんが何を答弁するか全く知りませんし、皆さん方も私がどう追及するかも全然御存じない。ちょっと、ちぐはぐが当たり前だと思いますけども、私が言っているのは、基本は米子ゴルフ場をどう処分するのか、そのときに、今、自衛隊でしたら即という話になりますけども、当然庁舎ですとか企業誘致ですと、その間の時間がある。しかし、いろんなことを議論しておくことが必要だよという意味で言っておりますので、これも市長、提言でございますので、ぜひお考えになっていただきたい。これ要望にとめておきたいと思います。






―議事録ここまで





矢倉議員、良さげだが、なぜ国旗に反対したんだ…。

事情を教えてくれ〜!




米子ゴルフ場をGoogleマップで検索した画像を貼らせていただきます。

マジで隣接してた。

米子ゴルフ場.jpg




ゴルフ場って、在日やら韓国人が関係しているイメージがある。

大山ゴルフクラブがパチンコ経営の在日「 崔鍾太 」氏に買収されたし、韓国人はゴルフをやりによく来るらしいし。
https://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2007/20070424e.asp


韓国人がウロウロする場所のすぐ横に自衛隊駐屯地…。


大山ゴルフクラブを買収した崔鍾太氏にインタビューした朝鮮日報の記事がある。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/02/2014030200148.html


祖国韓国の利益を第一に考えている人間だと分かってもらえると思うし、そのことにゾッとしてもらえるんじゃないかな。

これが在日だよ。

これじゃあ、在日は祖国から援助を受けている工作員と言われても文句言えないじゃん。




米子ゴルフ場を受託している、芝生管理の会社「チュウブ」は大丈夫かな。

社長は「 大田英二 」氏。

検索したが、う〜ん…面白い情報が見つからない。

「 日韓高校生サッカー交流IN大山 」の発起人に名を連ねているってくらいか…。

ただサッカーと芝生は無関係じゃないからなぁ。




とにかく、チュウブの次に米子ゴルフ場を受託するのがパチンコ企業の在日になっては絶対ダメだ。

さっき貼ったページを一応もう一度貼っておくが、このページに名が登場する「キンダイ観光」はパチンコ屋だし、パチンコ屋が約3年後に米子ゴルフ場を狙ってくる可能性は高いと見る。


しかもこのゴルフ場は海に面しているので、崔鍾太みたいな人物の手に渡ってしまえば、韓国からの密航者の入口になる可能性だってゼロじゃないんじゃないかな。

最悪それが武装したテロリストで、上陸した勢いでそのまま自衛隊駐屯地を占拠される…なんて最悪のシナリオさえ頭に浮かんでくる。




米子市はゴルフ場なんてやめて自衛隊に土地を譲るべし!


意見を送っておくか…。


米子市への意見送信はこちらのページから!
http://www.city.yonago.lg.jp/6784.htm











ゴルフより国防が大事に決まっている!という方はクリック!



鳥取県 ブログランキングへ




余談だが、ここのクリックお願いの仕方は、「MGRブログ 〜のんびりネトウヨの日ノ本会議場〜」さんの真似。
…パクリとは言わないでくれ。

真人さんは僕の憧れのブロガーさんの一人。




posted by 前田 at 17:14| Comment(9) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございます。残念ながら、特定アジアにあらゆる情報が筒抜け状態です。かなりまずい状態ですね。
Posted by 旭日 二百五十六 at 2014年03月03日 18:41
つまり… どういうことだってばよ…?

コメントにもう少し補足を頂けると助かります。
震えが止まりません。
Posted by 前田 at 2014年03月03日 19:02
陸上自衛隊米子駐屯地は、住宅街のど真ん中にあります。記事の通り、隣にはゴルフ場もあります。
これだけ人目に付く場所なら、軍事の事が晒されているような状況です。
国防に関する事もあるでしょう。他国のスパイなどからすれば、いくらでも偵察可能ではないでしょうか。

このような事が特定秘密保護法の特定秘密に当たると思います。国防に関するような事です。
特定秘密保護法は、このような情報の漏洩を防ぐのが目的です。
一部の反日勢力や左翼勢力、マスコミなどが特定秘密保護法に反対していますが、そもそも情報のレベルが違いすぎます。反対勢力は、一個人の権利を主張していますが、そんな次元ではなく、一国家の情報なわけです。

彼らもその程度の事は理解しているでしょう。
しかし、それでも反対しているという事は、他に目的があるとしか考えられません。
Posted by 山本 at 2014年03月05日 20:19
確かに、住宅やゴルフ場に挟まれているような立地では余裕で偵察できてしまいそう。
せめてゴルフ場も自衛隊の駐屯地に含まれれば偵察し難くなるでしょうか。

ホント、なんか“知る権利ガー”なんて叫ぶマスゴミや左翼の理論がすごく腹立たしく思えてきました。
この自衛隊駐屯地は、守らなきゃいかんですよ。
Posted by 前田 at 2014年03月06日 17:28
現に自衛隊と共同で使用しているはずの米子空港に敵国組織であるアシアナ航空が入り込んでいます。奴らに自衛隊機などが丸見えですね。さらに、小松電機のような工作企業もあり、絶えず韓国に情報を流しているようです。
参照
http://www.hns.gr.jp/sacred_place/material/histry/2013_04.pdf
Posted by 旭日 二百五十六 at 2014年03月07日 20:30
西部では、スパイに関する有名な都市伝説があります
米子市の弓浜辺りの海沿いにあるパチンコ店のネオンの灯りで、美保湾の沖にいるスパイに合図を送っていたというものだそうです
ネオンの灯りの色や放ち方で、いろんなメッセージを送っていたという事だそうです
これは数十年前、今みたいに通信手段が発達していなかった頃の話だそうです

こんな都市伝説があるくらいですから、スパイは他人事ではないですね
Posted by 緑水湖 at 2014年03月08日 02:59
小松電機、知りませんでした。
遠隔監視事業って言葉が出てきますね。こいつはやべえ!
Posted by 前田 at 2014年03月08日 09:36
すごい都市伝説!
全く嘘やデマに思えないのが不思議。

スパイ防止法はよ!
Posted by 前田 at 2014年03月08日 09:42
小松電機は松江市の企業ですが、鳥取県内も拠点としています。国際マンガサミット鳥取大会にも出展していました。異常な企業なので注視をお願いします。http://www.komatsuelec.co.jp/event/komatsuelec_jp.pdf
Posted by 旭日 二百五十六 at 2014年03月08日 12:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。