2014年05月19日

《 日韓漁業問題 》





今回は、日韓の漁業の問題に触れようと思う。

付け焼き刃でも取り上げて、このような問題は鳥取県においても大変切実な問題であることを認知していただきたかった。

僕は、日本海の海の幸でここまで育ててもらったので、日本の海を冒涜する韓国の不法行為には一段と強い怒りがわく。




まず、韓国が日本の海を汚していることについて。


韓国は下水や工場排水を海に垂れ流し、さらに、処理費用が安く済むため平気でゴミを海洋に投棄しているような世界一の海洋汚染国家。

しかもこの海洋投棄、2013年まで制度として認められていたというから呆れ果てる。
http://snn.getnews.jp/archives/303520

海を汚すことを何とも思わない民族性と言って間違いはないだろう。


この海洋投棄の場所、日本の排他的経済水域が含まれるらしい。

日本の海が危ない。ゴミ海洋投棄国家 韓国の実態。糞尿の日本海投棄は国策.jpg


つまり韓国は国として日本の排他的経済水域に廃棄物を投棄していた。

この話は、六年前の動画(今回の記事の最後に貼っておきます)を参考にしたものなので現在の実状についてはちょっと勉強不足ではある。

海洋投棄の全廃を2013年12月にもう2年延長を決めたらしいので、現在も平気で海洋投棄を続けているに違いない。
(参照:脱亜論【新・悪韓論】 毒物海洋投棄大国・韓国 ズワイガニやタコから重金属検出 様)




韓国の日本の海を汚している話は本題ではないのでこれくらいにして、ここからは鳥取県の漁業の話。


鳥取県のホームページ、水産課のページに日韓漁業問題への対応というページがある。

まずこのページから、問題の概要を捉える文章を引用。


排他的経済水域で日本の許可のない韓国漁船の不法操業が相次ぎ、暫定水域でも、韓国漁船が独占する漁場があり、資源の枯渇が心配されるなど、漁業協定が十分機能していません。


…近海は汚染して海産物が獲れないので、協定を破って日本の海で不法操業。

北斗の拳に出てくる バイクに乗ったモヒカンが頭をよぎる…。



様々な問題点をもう少し具体的に語ったページがこちら(http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=44935)。

引用させていただこう。




操業秩序の問題

〇韓国船がいつも網やかごなどの漁具を置いて漁場を独占している水域がある。

暫定水域は、両国が共同で利用できる水域ですが、実際には、休漁期のほとんどない韓国漁船の漁具が始終置かれ、浜田沖(島根県沖)など日本の漁船の操業が難しい状態です。


〇韓国船の漁具がびっしりで、底びき網が韓国の漁具を引っ掛けてしまう。

 暫定水域では、韓国の漁具は海底に置くものが中心です。日本の底びき網漁船が網を引くと、知らずに韓国の網やかごを引っ掛けてしまい、多額の賠償金を取られることがあるため、鳥取県の沖合底びき網漁船はトラブルを恐れて暫定水域に入れません。

トラブル事例
 暫定水域において、鳥取県の沖合底びき網が韓国漁船の底刺網を引っ掛けて破り、韓国取締船に連れて行かれ、補償の約束をさせられた事件がありました。(平成12年)





資源管理の問題


〇韓国漁船の乱獲により資源の枯渇が心配。

 両国協調による資源管理がうまく進まず、暫定水域の漁獲量の減少や資源の小型化が進んでいます。
 また、違法に設置された韓国のバイかごから死滅したズワイガニやベニズワイガニの稚ガニが大量に発見されるなど、資源に対する影響が大きいです。





安全操業の問題


〇竹島に近寄ると韓国警備艇が衝突してくることがあり、とても危険。

竹島は日本の領土ですが、韓国も領土権を主張して警備隊を送り込んでおり、近寄る日本漁船を捕まえたり、威嚇したりするため、安心して漁業ができません。

トラブル事例
 鳥取県漁船が境港に帰港中、竹島周辺で韓国警備艇に衝突され、警備艇から5人が乗り込んできて、竹島の12海里以内に入らないよう強要されるという事件がありました。(平成14年)





韓国漁船の違法操業の問題


〇韓国漁船の違法操業が後を絶ちません。

 日本の排他的経済水域では、日本の許可がないと韓国船は漁業ができませんが、実際には暫定水域ラインを越えて日本の排他的経済水域側に漁具を設置するなど、許可されていない漁業をする例が後を絶ちません。
 このため、多くの韓国漁船が日本側に捕えられたり、漁具が押収されたりしています。





…要するに、鳥取の漁師さん方は長年韓国の不法行為に悩まされているということだ。

悩まされるというか、こいつらの不法行為が鳥取県の漁業関係者の経営難や廃業や倒産に繋がっている。


あと、これはやはり日本の問題もある。

領土や領海の問題。

竹島の問題を強気で解決しなかった為に、本来日本の海であるはずの水域まで暫定水域などという共用水域になっていたり、本来日本の領土である竹島の近くで漁ができないなんてことになっているわけで。

しかも、こちらの鳥取県の意見のページにこう書かれてある。

日韓漁業共同委員会で協議すべき暫定水域の水産資源の保護対策が、民間協議に任されたり、


…こんな無法者どもと民間が話し合いしなきゃいけないとか、んなムチャな。


日本政府はしっかりしろ!


第二次安倍内閣で解決されることを願う。

在韓米軍の撤退後、具体的な奪還に出てくれると信じている。


鳥取県の漁業関係者を大事に思うなら、鳥取県は竹島問題の解決にもっと力を注ぐべきだ。

そしてその為には、韓国に依存する姿勢をやめないといけない。

とりあえず、韓国に媚びり続ける知事はもう要らない。


今回はこれくらいで。  またこの問題には触れてみたい。






ゴミ海洋投棄国家 韓国の実態
http://www.youtube.com/watch?v=YqVC1ObIFd0










鳥取県の漁業の為にも、韓国に強気であたれる鳥取県にしたい方はクリック!


鳥取県 ブログランキングへ
ラベル:韓国 反日
posted by 前田 at 18:15| Comment(0) | 鳥取県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。