2015年04月24日

《 米子市立図書館と米子市文化財団 》




今回は米子市立図書館米子市文化財団について。

まずは米子市立図書館で開催中である中韓がらみの企画を紹介した、2015年4月24日の日本海新聞21面の記事を紹介。



街並みや観光地 異国の作品40点
米子市立図書館で国際交流絵画展



米子市が交流している韓国・束草市と中国・保定市の小学生による絵画展が、米子市立図書館で開かれている。5月13日まで。
 束草市と姉妹都市提携を結んで今年10月で20周年、保定市と友好都市締結を結んで来年10月で25周年となるのを記念し、米子市が「こどもの読書週間」(4月23日〜5月12日)に合わせて企画した。
 会場には40点を展示。中国の春節(旧正月)を祝う街並みの様子や、束草市の水産市場のにぎわい、公園や観光地での家族の団らんなどが描かれ、未来の地域を創造したユニークな作品もある。
 米子市国際交流室の鈴木充室長は「米子の子どもたちにも異国の感性に触れてもらい、交流を身近に感じてほしい」と話している。

 (田村彰彦)


http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=30724

―記事ここまで




今回の絵画展を企画したのは米子市(国際交流室?)か。

…紹介しといてなんだが、今回のブログ記事はこの絵画展示のイベントや米子市国際交流室ではなく、米子市文化財団について触れようと思う。

まず、米子市立図書館って実質この米子市文化財団ってのが運営してるらしく。

丁度昨日2015年4月23日の日本海新聞にその運営方式についての記事が出てたので紹介↓


運営方法めぐり岐路 米子市立図書館

 鳥取県の米子市立図書館が運営方法をめぐり岐路を迎えている。業務を外部委託して25年。この請負関係が法律に抵触する疑いを持たれ、市は見直しを検討している。効率的な運営とサービス向上を狙うが、見直しで浮上した指定管理者制度の導入には反対意見も根強い。
 市立図書館は県から市に移管された1990年以降、市が施設を管理し、貸し出しや返却といったメーン業務を市文化財団に委託している。勤務する17人のうち館長ら2人は市職員で、司書ら15人は財団職員だ。

■非効率な指示伝達
 見直しは、2013年12月の市議会で「不適切」と指摘されたことがきっかけになった。
 労働者派遣法では「注文主」と「労働者」の間で指揮命令が生じないよう定めているためで、注文主の市側は「法に沿って対応してはいるが、疑念のあるままではいけない」としている。
 「館内では日々さまざまなことが起きるが、対応しようとしても、すぐに現場へ浸透しにくい」。木下理加館長はそう漏らす。館外からの問い合わせは館長に集まるが、事務室に会する職員一人一人に指示を出さず、財団の責任者を介してきた。
 同じ運営方法の松江市立中央図書館では、市職員と財団職員を別室にして対応しているという。


―以下は有料会員登録が必要

http://www.nnn.co.jp/news/150423/20150423005.html



この記事に、米子市立図書館の司書を含め職員のほとんどはこの財団の人間であると書かれてある。

実際、米子市文化財団の役員名簿(http://yonagobunka.net/p/yonagobunka/yonagobunka/outline1/01/)を見たら米子市立図書館の統括司書の大野秀氏も財団の理事。

統括司書の大野秀氏は、招待されてもないのに勢いで民団と住所・電話番号が同じ韓国会館に足を運び、テーハミングク!などと絶叫してしまう(2002年)ような方だと以前紹介した。
(過去記事:《 米子市立図書館統括司書 》

そしてこの財団、代表理事があの杉原弘一郎氏じゃん。

というか、杉原弘一郎氏が米子市文化財団の代表理事だってのは以前記事にしてた。 すっかり忘れてた。
(過去記事:《 平井伸治氏を支える百合の会 》

杉原弘一郎氏は、西部地区日韓親善協会会長やってた方。



日韓親善協会会長やってた杉原弘一郎代表理事に、韓国会館に気軽に足を運べるほど韓国大好きな大野秀理事…。

米子市国際交流室についてはよく分からないが、重役が韓国大好きな財団が実質米子市立図書館を運営してるのなら、米子市立図書館が韓国がらみの企画が多くなっても不思議ではなかろう。



あとこれは杞憂であればいいが、平成25年度米子市文化財団職員採用試験の受験案内のPDFを見たんだが、正職員の司書企画員舞台技術員、非常勤職員の管理員の受験資格に国籍について書かれていないので、下手すりゃ外国籍の人間が現場に入り込んでる可能性もある。


この財団が管理している米子市立山陰歴史館もそうだが、米子市立図書館にも竹島の資料があるらしいからホント心配だ。

(外部リンク⇒ 米子市立図書館所蔵の竹島資料http://www.tanaka-kunitaka.net/takeshima/yonago/

(関連過去記事:《 鳥取県の竹島資料は国に管理してもらいたい 》









posted by 前田 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417859641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。