2015年12月23日

《 小ネタ 12/23 》




天皇陛下のお誕生日をお祝い申し上げます。


今回は、小ネタと言っては失礼だが日本海新聞に載ってた小さめの記事をいくつか保存しておく。


まず、2015年12月16日の日本海新聞23面の記事。

日南で工場ぼや
   けが人なし

 14日午後11時50分ごろ、日南町下石見、山陰丸和林業生山事務所から出火。鉄骨平屋建て約1050平方メートルのうち、天井など約130平方メートルと粉砕器のベルトコンベヤー、木くずを焼いた。けが人はなかった。
 黒坂署によると、出火当時は無人。近くの男性が工場から火が出ているのを見つけて119番通報した。


―記事ここまで



なんで無人なのに出火するの?(小学生並みの感想)

夜中の11時50分なんて時間から見ても、放火としか思えないなぁ。


火事のニュースって『火事が起きました。出火原因を調べています。』でおしまいで、その後はニュースにならない感じがするが、気のせい? 僕が新聞ちゃんと読んでないせい?


ちなみに、県警が出してる統計資料によれば、昨年平成26年度は放火が認知件数8件・検挙件数8件・検挙人員4人となっている。



次は2015年12月17日の日本海新聞16面のカルチャーコーナーの情報。

マイナンバー学習会「どうすんのよ!マイナンバー」…というのが20日にとりぎん文化会館で開かれるにあたり、浜野弘典(マイナンバー制度反対ネット@とっとり)という方が告知している。

検索してみたら、日本共産党のこちらページ鳥取民商の浜野弘典さんと出ている。(2014年)

鳥取民商とは鳥取民主商工会の略称だろう。詳しくないから断定しないが。

こちらの全国商工団体連合会Wikipediaには、
日本共産党と共闘関係があり「要求実現のために、共闘する事があります」としている。
…と書かれてある。

日本共産党がマイナンバーに反対していることからしても、鳥取民商の浜野弘典さんとマイナンバー制度反対ネット@とっとりの浜野弘典さんは同一人物の可能性は高い。


マイナンバーについてはこちらの動画を貼っておきます⇩。
民主商工会の名も出てくるよ!






次は、2015年12月20日の日本海新聞22面。

◆中部地区日韓国交正常化50周年記念事業/赤碕
 鳥取県中部地区日韓親善協会は23日、琴浦町赤碕のふれあい交流館ウッドピアあかさきで、日韓国交正常化50周年記念事業を行う。交流昼食会に続き記念講演会がある。講演会は一般も参加できる。
 次世代を担う若者との直接交流を通じ、今後の民間レベルの交流発展を目指す。海洋ゴミを通じて日韓環境問題を考える鳥取大の国際交流プログラム事業との共催企画。
 記念講演会は午後1時半開会で、倉吉博物館の根鈴輝雄館長が「古代から続く、海を越えたはるかな交流」と題して講演する。




倉吉市のホームページの報道資料はこちら http://www.city.kurayoshi.lg.jp/p/gyousei/pressrelease/2015/168/
…ほら、あれだよ…。中部地区日韓親善協会の事務所は何故か倉吉市観光交流課内にあるから…。


次世代を担う若者って日本人じゃなく韓国の大学生のことのようだ。
南ソウル大学17名、群山大学9名、木浦大学4名が参加と倉吉市の報道資料にはある。
参加者は韓国の大学生30名と中部地区日韓親善協会会員と倉吉市韓国語講座受講生ほか。とのこと。



韓国がゴミを当たり前のように海に捨てる国だというのは知ってたが、(関連過去記事:《 日韓漁業問題 》
韓国人は竹島周辺の海にまでゴミ捨てまくってるらしいね。
竹島周辺の海は、韓国人が捨てたごみだらけ=韓国ネット「これこそ韓国領だという証拠」「日本なら、どんなにきれいに使うだろう」:レコードチャイナ
竹島が自分たちの領土ではないと分かってるということだな。


韓国人が捨てたゴミを韓国人が拾いにきて、それを「日韓友好を望む韓国の若者もいる!日韓の未来は明るい!」みたいな流れにしたい日本人がいるみたいだが、なんかおかしくないか?

古いが、2006年の鳥取大学広報誌風紋第13号から、日韓学生による海洋漂着ゴミの回収事業についての部分を切り取り⇩。
2006.10huumon.jpg

当時の国際交流センター長若良二氏は現在、鳥取県東部地区日韓親善協会会長です。




琴浦町には日韓友好交流公園「風の丘」がある。
なんでも、1819年に赤碕沖に朝鮮商船が漂着したのを鳥取藩が救出し、手厚くもてなして長崎まで送り届け無事帰国させたそうな。
あと1963年にも琴浦沖に漂着した漁船の乗組員8名を、船の修理が終わるまでの1ヶ月間も世話し、帰還させてたげたなんて話がある。

そういう背景とつなげてのこの50周年記念事業のセッティングなのだろう。



最後は平井知事について。

12月18日に田中淳司創価学会副会長・鳥取県総県合総合長と会っている。
(知事日誌⇒http://www.pref.tottori.lg.jp/item/1006450.htm

会うなとは言わないが、創価学会と何の話をしたのか気になる。









posted by 前田 at 13:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民主商工会は、はっきり言って日本共産党の影響下にある団体。街場の中小企業の確定申告をお手伝い(?)している。来年の確定申告前にどこかのTVでCMが流れるはずだ。有難いご神託を受けて、節税したお金は、赤い貴族への懐を肥やすという仕組みだそうな。
マイナンバーが施行されると、この有難いお金の流れがお上にばれてしまうので「はんたぁ〜い」ということなのです。
同じ事が、朝鮮商工会にも適応されます。いわゆる「五箇条の御誓文」といわれる脱税が無効化されますので、パヨクと在日の発狂が始まるのではないかと予想されます。
Posted by 暇工作 at 2015年12月24日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。