2015年12月29日

《 慰安婦問題とやらの解決 》




今回の、『慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決』という日韓両外相合意、皆さんどのような思いで受け止めただろうか。

まぁ、すでに余命さんの記事を読まれた方は多少落ち着いてると思うが。



今回の件、事実無根の“軍による強制”を認めたようなもので、こんなの有り得ない愚行!…という失望感や怒りは僕にも確かにある。  韓国に対する態度もこれは間違っていると思う。

反日勢力もここぞとばかりに、安倍総理を支持してた振りをしての安倍下げに勤しんでいる。

しかし、あの合意内容を韓国政府から取れたことは冷静に考えれば悪くないんじゃないか?
あれを取るためには多少下手に出てリップサービス(歴代内閣の立場を踏まえたものを出したに過ぎないのだが)も必要だったとも思う。


あちらさんはこんな約束破る気満々だろうから、その辺の対策があるかどうか次第で評価が変わるが…。
無かったら馬鹿としか言いようがないから皆騒いでるのだろうね。



慰安婦像の設置が世界中で画策され設置され続けている状況、慰安婦問題などない!という立場を取り無視しているだけではこの流れは止められなくて、日本政府の何らかの動きは必要だった。

さらに、『民間が勝手にやってることニダ』という韓国政府の手を封じる必要もあった。



…あと、10億円を基金に搬出するって話は、現時点では見せ金としか思えないが…。

その金を受け取って運用するための財団を韓国政府が自らの責任で作んなきゃいけないし、韓国政府も日本が出す金額と同額を出すって話で進んでるんだろ?

たかりたい精神の韓国政府が素直に身銭切りたがるとも思えないぞ?
そしてこれ、韓国政府だけでばぁちゃん達の面倒見ていかなくてはならないってことだぞ?


まぁ僕は詳しくないから以上の意見など真剣に読まない方がいいけど、とにかく慰安婦問題はこれで完・全・決・着する。

自称慰安婦の売春婦ばあさん達や韓国世論が戦うべき相手は、合意しちゃった韓国政府だけとなった。

正式な文書は日韓両首脳が来年3月にアメリカで調印するって話みたいだ。

これでアメリカさんも、「ではこれで米国内の慰安婦像とやらは全て撤去な。 …ん?おい韓国。日本大使館前の像早よ撤去しろや。なんで撤去しないんだ頭おかしいだろ」と言えるわけか。


日韓首脳による文書の調印までの韓国内の動きは注目だ。
すでに反故にしそうで笑うが。

まぁこれでまだ『まだ日本は謝罪してない!問題は解決してない!』と言う方(自称慰安婦以外で)は日韓問わず頭がおかしいと思う。 韓国が合意してんだろと。





未来の世代が謝罪に迫られることがないようにする、みたいな発言は安倍談話にもあった。

確かに、軍の強制を認めるような発言は英霊方を貶めることになると思うけど、その英霊方も未来の為に戦ってくれた。

そして、真の勝利の為に、肉を切らせて骨を断つような戦い方もある。


僕はまだ安倍総理を応援しているよ。




最後はこの合意に関する日本海新聞の記事を紹介する。

その前にクイズ。

この日韓外相合意に関して、「これを機に日本海を絆の海に」とか言い出した方は誰でしょう?


2015年12月29日の日本海新聞20面の記事。

慰安婦問題日韓合意 県内関係者、交流発展に期待

 在日本大韓民国民団鳥取県地方本部の薛幸夫(ソルヘンブ)団長(64)は「眼前に立ちふさがる壁が取り払われたような、晴れやかな気持ち」と喜ぶ一方、後戻りしないよう歴史認識を共有する教育体制を両国間で構築すべきと指摘した。


続きは会員限定

http://www.nnn.co.jp/news/151229/20151229043.html



続きの内容を紙面から拾うとこうなります。


薛幸夫(ソルヘンブ)団長、安倍首相が心からおわびと反省の気持ちを表明するとしたことについて―
   「踏み込んだ表現。韓国側も未来志向をより前面に出してほしい」
元慰安婦への支援事業が実施される見通しとなったことについて―
   「人権と人権の問題に具体的な形で働き掛ける、あるべき方向性」


・鳥取県西部地区日韓親善協会の榊原忍会長。
「両政府が未来へ前向きに進もうという歴史的な一歩」「民間レベルでは地道に交流してきたが、政府間の雰囲気の悪さが足を引っ張っていた側面もある。その流れも変わり、両国を行き交う人たちが増えることを期待する」

平井伸治知事「日韓外相会談の結果を歓迎したい。日本海を対立の海ではなく、手をつなぐ交流と絆の海としなければならない。これまで日韓間で問題が生じると米子―ソウル便の利用客に影響が出ることもあったが、今後は日韓関係の安定期に入る。いい風が吹いており、環日本海交流をリードしてきた鳥取県としてしっかり役割を果たしたい」



…クイズの正解は平井知事でした。  盧武鉉じゃなく。盧武鉉(ノムヒョン)の「日本海の名称を平和の海に」を思い出したわ。


西部地区日韓親善協会の会長って、米子ソウル便のアシアナ航空山陰支店長の榊原忍氏になったのか。

日韓親善を頑張れば自社が儲かる立場の人間を会長にするとは こりゃスバラシイ。







追記:日韓両外相合意に関して、渡邉哲也さんのfacebookの記事をリンクさせていただきたい⇩。 この読みやすさと解りやすさ、やっぱ渡邉さんは最高やな。
https://www.facebook.com/tetsuya.watanabe.9849/posts/929979777077261

ラベル:韓国
posted by 前田 at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>…あと、10億円を基金に搬出するって話は、現時点では見せ金としか思えないが…。

そうなんだよね。南鮮が財団を設立しなければ10億円払う必要ないし、もし設立したとしてもその内容が財団理事のポケットにだけ入るような内容でもダメ。要するに10億だろうが100億だろうが金は払わない。けど人参ぶら下げとかなければ、駄馬でも走らないから目の前にちらつかせときますよってことだよね。
国内の反日メディアが一斉に好感的な記事や主張した。日本海新聞も民団鳥取の玉川幸夫(通名)のコメントを載せている。

>「眼前に立ちふさがる壁が取り払われたような、晴れやかな気持ち」と喜ぶ一方、後戻りしないよう歴史認識を共有する教育体制を両国間で構築すべきと指摘した。

12/30の新聞報道を見て、晴れやかなキムチ...違った気持が暗くなってくるのを感じるだろう。青瓦台が合意したとしても、南鮮国民は納得もしていないし鉾を収める動きもない。むしろ火病状態だ。
そりゃそうだろう。既得権益が無くなるんだから。
それに玉川幸夫団長の言う「歴史認識を共有する教育体制」って、南鮮の歴史が両班貴族存続のための捏造プロパガンダたという事は日本国民には知れ渡っていますので共有出来ません。
でも、男女共同参画の部署の誰かさんがいろいろと工作するんだろうなぁ。「人権が〜」ってね。
来年は県庁や県議会の中身を今以上に監視していないといけないなぁ。
Posted by 暇工作 at 2015年12月30日 11:30
連投失礼します。
各ブログを覗いていたら、この度の「合意」以降来年の予想しているブログがあった。余命氏の解説をふまえた記事だが、妙にリアルなので紹介する。
昼寝ネコの雑記帳
http://hiruneneko.exblog.jp/25119937/

スキーヤーには悪いが、雪の積もらない正月になりそうで有難い。
それでは、よいお年を。
Posted by 暇工作 at 2015年12月30日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。