2016年02月22日

《 朝日新聞と毎日新聞の記者による出前授業 》




取り上げるほどの内容ではないんだろうけど、今回はNIEに関する日本海新聞の記事を二つ取り上げる。
(更新が空きまくったのでとりあえず更新しとこうという気持ちが大半を占めている)

今日まで日本を貶め続けてきた反日新聞社が教育に関わっていることを問題視する。

朝日新聞毎日新聞も、小中学生を教育する前に自分達を正してもらいたいものだ。



まずは毎日新聞の記者が鳥取市の小学校に出前授業にやって来たという、2016年2月17日の日本海新聞25面の記事を紹介。


記事の書き方など助言
瑞穂小で記者出前授業

 学校教育に新聞を活用する「NIE(教育に新聞を)」の鳥取県推進協議会による記者派遣出前授業が16日、鳥取市気高町の瑞穂小で行われた。毎日新聞社の松本博子鳥取支局長が講師を務め、3〜6年生29人が新聞記事の書き方や見出しの付け方などを学んだ。
 松本支局長は、特別に作った写真のない新聞を見せて「新聞は写真と組み合わせることで読者に記事が分かりやすく伝わる」と強調した。
 記事は「作文と違って大切なことを最初に書いていく」、見出しは「記事が何を伝えたいかを短い言葉で表現するのが役目」と説明。新聞作りをする上で写真の出来や配置も重要な要素とし「最も記事にふさわしい写真にするため、無駄な空間をカットすることが必要」とアドバイスした。


=後略=


―記事ここまで



毎日新聞といえば、毎日新聞の英語版「毎日デイリーニューズ」で卑猥で低俗な虚構に基づく内容を配信していたことが問題となっている。
毎日新聞が「変態毎日」と呼ばれる由縁である。

詳しくは変態毎日で検索か、こちらのwikiを参照してね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8E%E6%97%A5%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BAWaiWai%E5%95%8F%E9%A1%8C



次は朝日新聞の記事が登場する、2016年2月20日の日本海新聞25面。

新聞記者の仕事を学ぶ
倉吉西中で出前授業

 倉吉市の倉吉西中(加藤晋彦校長)で19日、NIE(教育に新聞を)の出前授業が行われた。朝日新聞鳥取総局の斉藤智子記者(44)が講師を務め、1年生35人に新聞記者の仕事内容や心構えなどを紹介した。
 斉藤記者は「新聞記者の仕事、中学生に望むこと」をテーマに講演。取材には、予期してないものや決まっているもの、自分でテーマを決めて取り組むものがあると説明し、「自分で挑戦しながら取材をしている」と伝えた。
 新聞記者になるためには専門的な知識などは必要ないと解説し、「興味を持って人の話を聞くことが楽しいと思えたら、とてもいい仕事」と持論を展開。最後に「好きなことを自分の言葉で語ることができるようになってほしい」とアドバイスした。


=後略=


―記事ここまで




朝日新聞の問題の多さについてはこのブログが語るまでもないだろう。

小中学生の皆さんももう少し大きくなったら、マスコミが現在どんな存在なのかとか、各新聞社がどんなポジションで記事を書いてるのかとか、そういうことを知って欲しい。

反日を許せないと思える大人になって欲しいと願う。

それに、愛国保守派も精力的に教育に関わっていって貰いたいものだ。


僕も教育には興味があって、何かしらで若い世代の助けになりたいという気持ちがいつも燻ってはいる。

若い世代に何かを教えたり支援したりできる立派な大人に成りたかったぜ…(諦観)。




・NIEに関連した当ブログ過去記事⇒ http://tottorihoshu.seesaa.net/article/402173696.html





posted by 前田 at 17:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>若い世代に何かを教えたり支援したりできる立派な大人に成りたかったぜ…

本当にそう思う。
今の子供達は非常に恵まれた環境にあるが、その環境を阻害しているのが、日教組をはじめとする情報の捏造だ。
子供の探求心はすごい。隠蔽すればするほど暴露したくなる。しかし、垢日新聞や変態毎日新聞は事実に捏造を加えて報道するから始末が悪い。
変態毎日新聞松本博子鳥取支局長の言葉
「記事が何を伝えたいかを短い言葉で表現するのが役目」
とあるが、記者の脳内に「国益」という語句が無く、伝えたい=反日という新聞社では表現の幅が限られているだろう。
今では新聞やテレビでこう言っていたなどと偏向知識を披露すると馬鹿にされる。情報は与えられるものではなく、情報を取りに行き自ら考える時代になった。
子供達には情報の取り方を伝えるのが良いのではないのかな?ネットの海は無限だ。

ところである人物から、日本海新聞社の吉岡社主は朝鮮人だという噂があるという事を聞いた。前日本海新聞社が潰れた経緯を含めて、「知的好奇心」が湧いているところである。
Posted by 暇工作 at 2016年02月23日 10:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。