2016年03月07日

《 米子ソウル便平成28年2月搭乗実績 》

 
 
 
先月29日から、動悸や胸の詰まり、息苦しさや息切れ等々、しまいにはパニック発作にまで悩まされ出した。

鬱気味なのはブログを始める以前からだが、こんなに身体に症状が現れるのは初めてだった。


内科で処方してもらった精神安定剤が効いて動悸とパニック発作はかなり減ったが、だからと言って元気というわけでもない。

そんな状態の為、積極的に記事を書こうという気になかなかなれない。

ブログの更新ペースは落ちると思うし、内容も簡素になると思う。
今年に入ってからそんな事ばっかり言ってるなぁ。

僕はもうダメかもしれん。
皆さんの活躍に期待します。




そんな話のついでに、米子ソウル便の2月搭乗率の話を取り上げておく。

もっと取り上げるべきローカルニュースもあるかもしれないが、最近時事に置いてかれている。




2016年3月5日の日本海新聞25面の記事。


米子ソウル便2月搭乗率76.3%
  チャーター3往復含め3351人利用、年度最多

 アシアナ航空山陰支店は4日、米子ソウル定期便の2月の搭乗率が前年同月比12.4ポイント減の76.3%だったと発表した。韓国旧正月に3往復運航した誘客(インバウンド)専用のチャーター便の搭乗率は99.1%で、2月の実質的な利用者数は3351人と本年度最多を記録した。
 定期便の搭乗率は、就航以来最高だった前年同月を下回ったものの、韓国人利用者が5カ月連続で2千人を超え、前月(72.4%)と比べ3.9ポイント増。同支店は温泉、松葉ガニツアーが引き続き好調なことが要因とみる。
 一方、日本人利用者は2カ月連続で500人を割り込んだ。冬季の旅行需要の減退や韓国側の需要の急増による座席確保の難しさなどで伸び悩んだ。
 3月の予約状況は2月29日現在、前年同期比30ポイント増の74.5%。本年度初めて日本人利用・予約が800人を超えた。同支店は4月の就航15周年を踏まえ「記念ツアーなどで日本人客を掘り起こしたい」としている。

―記事ここまで


鳥取県側の運航支援費減らしても大丈夫そうじゃん。

韓国人利用者が多すぎて日本人が座席確保しにくい状態になって、もう『地元民の便益のために補助出してる』なんて言えなくないか?


普段は引用を省略する今月の予約状況の部分を今回は引用した。

3月は日本人の予約が多いらしいが、それには以下の日本海新聞企画のツアーも関係してるかなと…。

1月26日の日本海新聞に米子ソウル便を利用するツアーの募集が載ってたので軽くメモっていた。

企画:日本海新聞旅行部

・ホーチミンシティとメコン川クルーズ
出発日3月1日
募集人数20名(最小催行人数10名)

・バンコク・アユタヤ
出発日3月18日
募集人数20名(最小催行人数10名)








posted by 前田 at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ主殿 ご自愛ください。
季節の変わり目は体調も変化するもの。呼吸を整えて、倒れない程度に前向きに行きましょう。

今夜は、幹線道路の所々でパトカーが赤色灯を点灯させて警戒している。そう言えば今日から米韓軍事演習が始まり、北朝鮮が報復をすると言っていたのを思い出した。余命関係のブログだったと思うが、国内で総連系のテロ情報があった。余命三年時事日記でも安倍首相の暗殺情報に言及があった。
一気に身が引き締まる感じだ。
ネット上ではもうハードランディングは既定となっているが、リアルに危険が迫っているのかもしれない。
Posted by 暇工作 at 2016年03月07日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434673680
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。