2016年03月10日

《 なんぶPOWER(仮)と、教科書謝礼問題 》




国会で女性議員を羽交い締めにして引きずり倒し怪我させた民主党津田弥太郎議員の事件をマスコミがスルーしたことを、ニュースを眺めながら思い出して腹が立つことがある。




今回は、取り上げておけば今後の為になるかもと思った日本海新聞の記事を二つ紹介しときます。

まず、南部町が電力小売りに参入予定だそうで。

2016年3月4日の日本海新聞。

南部町が電力会社 4月設立、10月売電目指す

 鳥取県南部町の坂本昭文町長は3日の町議会全員協議会で、自治体電力会社「なんぶPOWER(パワー)」(仮称)を4月に設立する方針を明らかにした。エネルギーの地産地消や地域活性化を図る狙いで、10月の売電開始を目指す。
 町などによると、資本金は1千万円で、町が400万円を出資。残りは地元建設会社などが出資し、小売電気事業のパシフィックパワー(東京都、重永智之社長)に経営を委託する。
 電力は中国電力から卸値で購入するほか、同町鶴田の大規模太陽光発電所や賀祥ダム小水力発電所などから仕入れる。
 町の誘致企業や商業施設、公共施設などに対して、国の補助金などを活用して従来より安く売電する。
 2017年から一般家庭への供給を始め、20年に600世帯への売電を目指す。
 出資金は町水道事業会計から拠出する形を取り、20年に約830万円を見込む利益は、同会計の健全化に充てる。将来的には住民の光熱水費を軽減し、定住人口を増やす狙いがある。


https://www.nnn.co.jp/news/160304/20160304005.html



パシフィックパワーという企業が気になるな。
南部町はどういうあれでこのパシフィックパワーに決めたのだろう。

パシフィックパワーとはパシフィックコンサルタンツ株式会社の電力小売り専用の子会社みたい。  パシフィックコンサルタンツ株式会社は建設コンサルタントの会社のようだ。

上の新聞記事によれば、地元建設会社などが出資に加わると書かれてあるので、その建設会社の繋がりか何かかな?  推測に過ぎないが。




分からないので次の新聞記事に行く。

次は教科書謝礼問題。

2016年3月8日の日本海新聞の記事。

「調査員」は11人 教科書閲覧問題で鳥取県教委

 教科書会社が検定中の教科書を教員らに見せ、鳥取県内でも閲覧した延べ46人(実数43人)のうち校長や教頭を含む31人が謝礼を受け取っていた問題で、県教委の山本仁志教育長は7日の本会議で、43人のうち11人が教科書選定のため各教科書の特徴を調べて資料を作る「調査員」になっていたと明かした。山本教育長は現段階で「教科書選定に影響を与えた事実はない」と述べた。
 松田正議員(県議会自民党)の一般質問に答えた。
 調査員は教科ごとに4〜5人が任命され、教科書の特徴を専門的に調査・研究し、資料を作る。教科書採択地区協議会の選定委員会や県の「教科用図書選定審議会」に報告する役割を担う。
 県教委の調査では、教科書を閲覧した43人に各地区協議会の選定委員はいなかったが、調査員になった教員は県審議会で3人、地区協議会で8人いた。
 また聞き取り調査の結果、43人全員が教科書会社との接触を認めた。県教委によると、謝金や交通費の受け取りについては「記憶がない」としている教員もおり、教科書会社から教科書採択の働き掛けについては全員が否定しているという。
 山本教育長は「教科書採択の公平性や信頼性、透明性を損なうことになりおわび申し上げる。採択に与えた影響については引き続き慎重に調査し、金銭授受など法令違反は処分を含め厳正に対応する」と陳謝した。
 県教委は11日に調査結果を国に報告し、処分を含め年度内に最終結果をまとめる。


http://www.nnn.co.jp/news/160308/20160308003.html



…いやこれ、本当に「教科書選定に影響を与えた事実はない」と言い切っていいのか?

調査員の資料を参考に教科用図書選定審議会が審議するのに、調査員の中に検定中に教科書を閲覧し謝礼をもらってるかもしれない調査員が紛れている中で、選定に影響がないと断言できるのにはどういう根拠が?

まぁ引き続き慎重に調査しますとのことなので、厳正にやって欲しいと思う。

県教育委員会はついでに、修学旅行の行き先を保護者や生徒の充分な理解を得て決めているのかどうかも実態調査してくれないかな。   倉吉東高校とか。


それにしてもさすが松田正議員だぜ。

松田正議員のホームページによれば、教員の政治的中立性についても質問なさったらしい。   ありがてぇ!









posted by 前田 at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 南部町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3月10付け日本海新聞「おくやみ」の左に元県議会議長 浜崎芳宏氏の「お別れの会」のお知らせが載っている。
発起人になんと「河野洋平」の名前が!
石破茂衆議院議員は当然だとしても、何故河野洋平が出てくるのだ?過去のつながりが気になる。
鳥取県の在日配慮の根本がここにあるかも。
過去の経緯が聞けるかもしれないので行ってみたいが、当日は鳥取にいないんだよなぁ。
Posted by 暇工作 at 2016年03月10日 19:10
「浜崎芳宏 河野洋平」でグーグル先生に聞いたら面白いもの見つけちゃった。約10年前の物だけど古いと感じない何かがあるよ。膨大な情報量だけど。
http://www.chukai.ne.jp/~masago/200511_12.html
Posted by 暇工作 at 2016年03月12日 22:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434784467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。