2015年08月19日

《 タイトル “おじさん” 》






2015年8月18日の日本海新聞21面に載ってる、いなば余談を読んでみて欲しい。



タイトル おじさん


 「お母さん、戦争好きなおじさんが出とるで」。小5の娘はとうとう、安倍首相のことを、こう呼ぶようになってしまった。
 長崎の平和記念式典を娘と見た。田上市長が安保法案への不安を口にした。大きな拍手がおこり、思わず私も「やった!」と拍手してしまった。首相の顔がアップになる。平静を装っているが、明らかに動揺している。
 続いて被爆者代表の谷口氏が壮絶な被爆体験を語り、「安保法案は被爆者の思いを根底から覆すもの」と強く批判した。さらに大きな拍手。この方たちの犠牲を、絶対に無駄にしてはならない。娘の手を強く握る。
 首相がその後あいさつしたが、「平和」という言葉がこんなに空疎に聞こえたことはなかった。被爆した方々を前に何を思っているのか。この方々の声なき叫びが伝わらないのか。この「おじさん」の権力によって、言いようのない不安に陥れられているのだと思うと、情けなくて涙が出る。「美しい国日本」と言いながら、世界で最も美しいもの・憲法9条を破壊してどうなる。
 怒りに震える私の側で、娘は黙って鶴を折り始めていた。

   (希)



―いなば余談ここまで



希って人が何者か知らんが、これはアカンやつやで。

色々な考えがあっていいし、自分の考えをこういった形で表明するのもいい。

しかしこれは考えというより感情。  感情だけで根拠のない誹謗中傷を綴った文章だと思う。

誹謗中傷を新聞に載せようというのは良くない。


法案のここがこうだからっていう根拠があっての不安じゃないよなこれは。

“言いようのない不安”って根拠のない不安ってことだろ?
そんな不安に陥っている原因は、安倍首相のせいではなく根拠を主張しないデモをしてる方々とそれを過剰に擁護するマスコミのせいなのでは?

つくづくマスコミってのは怖い。   こうやってまた根拠を伴わない不安が広がる。




この“おじさん”という作文、何から突っ込んでいいか困るが…。

とりあえず、自宅で安倍首相を何て呼んでようが知ったこっちゃないが、新聞というマスメディアで首相をおじさん呼ばわりはやめとこうや。


憲法9条があったのに竹島は韓国に不法占拠され(竹島周辺で漁をしていた漁師は拉致され殺され)たんだけど、それでも9条は世界で最も美しいものなんですかね。


9条の破壊についてもちょっと触れておこう。

9条の破壊だ!と主張したいなら、それはそもそも自衛隊という存在に対して主張すべき。

ただ、自衛隊と憲法9条、どちらが日本の平和に貢献しているか。

9条なんかより遥かに日本の平和に貢献している自衛隊に対し、自衛隊は9条の破壊!なんて流石に主張できないだろうけど。



だいたい、安保法案で戦争になる!安倍は戦争したがってる!っていう根拠は、国際平和支援法および平和安全法制整備法案のどの部分の解釈なのだろう。

僕も偉そうに書くほど詳しくはないが、集団的自衛権を行使できるのも日本がヤバくなった時だけで、アメリカが第3国と戦争したとしてそれに参戦はしないし、自衛隊の海外でできる活動もすこぶる限定的(防衛と後方支援しかできないし)、行使は国会の承認も必要だ。

日本と密接な関係にある他国に武力攻撃が発生しそれによって日本の存立が脅かされる事態』、こういう事態に備えようということが「戦争になる!戦争したがってる!」ってなんか違うと思うのだが。


あと、安保法案と被爆者の犠牲との関係性についての部分をこの希さんにはもう少し論じて欲しい。

安保法案でアメリカやら中国やら北朝鮮やら核保有国が日本に核ミサイルを打ち込んでくるというのか?

この記事の記述だけじゃどう書いていいか困る。











posted by 前田 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

《 戦後70年 》




お久しぶりっす。
2週間以上空いたのか。


ブログ更新を長距離走で例えると、
もう走れないと惨めな走りしながらそれでも今まで足は動かしているつもりだったが、ついに立ち止まってしまった感じの2週間ちょいだった。

また走り出すにしても、パワーは出ないと思うのでご了承下さい。


マラソンではなく駅伝だと思っているので、なんとか次の走者にタスキを渡したい。






今回は、戦後70年を迎えたということでそれに関するニュースを取り上げる。


2015年8月16日の日本海新聞の記事。


県出身戦没者2万3478人を慰霊 護国神社

 終戦から70年の節目となった15日、鳥取市浜坂の鳥取県護国神社で「護国英霊夏季平和祈念感謝顕彰祭」(日本会議鳥取県本部主催)が営まれた。戦没者の遺族らが参列し、同神社に祭られている県出身の戦没者2万3478人を慰霊した。
 顕彰祭では、同本部の今岡祐一会長(90)のあいさつの後、祝詞や祭文が奏上され、出席者が玉串を奉納。70年前に玉音放送で流された終戦詔書が読み上げられ、犠牲となった戦死者らに思いをはせた。
 このあと東京の日本武道館で行われた政府主催の全国戦没者追悼式のラジオ放送を聞きながら、正午の時報に合わせて黙とうし、平和への思いを新たにした。
 6歳の時に出征した父親を中国で亡くした県遺族会会長代理の山根崔幹さん(83)=岩美町長谷=は「子ども5人を残し無念だったと思う。国のためにと散っていった父を思い、今後も参拝を続け鎮魂の誠をささげたい。大きな犠牲の上に今日があることに感謝している」と話していた。


http://www.nnn.co.jp/news/150816/20150816004.html




僕は15日は風邪引いてたので 16日に参拝した。


戦後70年、テレビ新聞を見ると安倍談話に侵略やら反省やらが入ってるかどうかとか、安保法案で戦争になるというネガキャンばかりで心底げんなりさせられる。

国のために戦ってくれた方々に感謝するという視点が全く見られない。

それは、僕があまりテレビ新聞を見ないせいか?

まぁ大東亜戦争は侵略戦争だと思わせたい方々が英霊に感謝などするわけもないか。

マスコミがそんなのばっかりなせいで日本全体が感謝とは反対のことをしてるようで、そう思うと悲しく情けない気持ちになる。

そんな気持ちだったので、感謝という言葉が載っていた上の記事を取り上げた。



大東亜戦争(太平洋戦争)について僕は詳しくはない。
コミンテルン(共産党主義政党による国際組織)によって戦争に引き込まれたという話を聞いた。

https://www.youtube.com/watch?v=fyLoG3zhoZA



あの戦争が過ちだったとしても、国のため戦ってくれた人達を責めるべきではない。

戦場に赴き戦ってくれた人達を絶対責めちゃいけないし、やはり感謝すべきだと言いたい。


とりあえず強く主張できることは、今の世相や価値観やそういったもので過去を裁くのは良くないということ。

『 戦争はやっちゃダメ!戦争は絶対悪!だから戦争をした昔の人達は悪い人達だ! 』

…なんて単純な見方は絶対良くない






もう一つ、日本海新聞の記事(2015年8月15日の記事)を取り上げる。

安倍談話についての県内の声とやらを紹介した記事だ。



賛意と批判交錯 戦後70年談話 県内の声

 安倍晋三首相が14日に発表した戦後70年談話について、鳥取県内でも歴史認識や先の大戦をめぐる「おわび」の記述、中国や韓国に向き合う姿勢で評価が割れた。「談話の通りに進むべき」「無難で表面的な内容だ」。賛意と批判、注文が交錯した。
 戦争を経験した鳥取海軍海友会長の石谷寿明さん(93)=鳥取市=は「談話の通りに日本が歩めば言うことはない。世界平和に積極的に貢献する姿を示していくことが大切だ」と内容を支持。「われわれは厳しい戦いをくぐり抜けてきたが、子や孫に行わせてはいけない」とし、「日本海、東シナ海を取り巻く状況はただならぬ空気もある。万が一にも隣国から土地の侵略を受けるといった最悪の事態が起きれば、国民の財産、国土を自衛隊に守ってもらわないといけない」と述べた。


会員登録すると続きをお読みいただけます。

http://www.nnn.co.jp/news/150815/20150815056.html



日本海新聞会員に配慮して、他にどんな声があるのか名前と発言部分だけ抜き出すと…。



日本会議鳥取県本部会長 今岡祐一さん

「 村山談話を卒業して欲しかった。『謝罪は済んだ。これからは未来へ』というのが本心ではなかったか。周辺国への配慮が過ぎる。中国、韓国には毅然とした態度を。60点の内容だ。 」



倉吉市母子寡婦福祉連合会母子部長 三谷由さん

「 表面上のことだけを盛り込んだ、さらりとしたきれいな談話という印象 」
「 私たちが平和に今生きているのは、先人が生きたくても生きられなかった歴史があったから。安心して子どもを産み育てる社会にしてほしい。談話で言われたことを貫くならば安全保障関連法案は廃案にしてほしい 」



鳥取県九条の会事務局長 浜田章作さん

「 長いばかりで内容がなかった。無難にやり過ごした談話 」
「 日露戦争を評価したことは間違いだ。いかなる武力の威嚇や行使もないと言っているが、戦争できる法案(安保法案)を国民より前に米国で約束するなどやっていることが違う 」



在日本大韓民国民団鳥取県地方本部団長 薛幸夫さん

「 全体としては無難な談話 」
「 『侵略、戦争』に言及したのなら日韓併合や韓国・朝鮮に対する植民地支配にも言及すべき。後退している 」




安倍談話の全文は最後に載せる。

僕の感想はまぁ、侵略などした覚えはない!とかあまり本当のこと述べるには、マスコミが反日すぎる現状などからまだまだ危険だし、かと言って村山談話など過去のものをそのまま肯定してもダメ、
そのバランスを取って反日勢力さえも綺麗と認める絶妙な談話を仕上げたのは凄い。

今のとこ反日勢力がうまくファビョれてない感じだし、合格と思える。

そりゃはっきりガツンと言って欲しかった気持ちは当然あるが、安倍内閣に本当に期待しているのは反日勢力を殲滅させる実際の施策だからね。


では、http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.htmlより安倍談話全文引用⇩。





 終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

 百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

 世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

 当初は、日本も足並みを揃えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

 満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。

 そして七十年前。日本は、敗戦しました。

 戦後七十年にあたり、国内外に斃れたすべての人々の命の前に、深く頭を垂れ、痛惜の念を表すとともに、永劫の、哀悼の誠を捧げます。

 先の大戦では、三百万余の同胞の命が失われました。祖国の行く末を案じ、家族の幸せを願いながら、戦陣に散った方々。終戦後、酷寒の、あるいは灼熱の、遠い異郷の地にあって、飢えや病に苦しみ、亡くなられた方々。広島や長崎での原爆投下、東京をはじめ各都市での爆撃、沖縄における地上戦などによって、たくさんの市井の人々が、無残にも犠牲となりました。

 戦火を交えた国々でも、将来ある若者たちの命が、数知れず失われました。中国、東南アジア、太平洋の島々など、戦場となった地域では、戦闘のみならず、食糧難などにより、多くの無辜の民が苦しみ、犠牲となりました。戦場の陰には、深く名誉と尊厳を傷つけられた女性たちがいたことも、忘れてはなりません。

 何の罪もない人々に、計り知れない損害と苦痛を、我が国が与えた事実。歴史とは実に取り返しのつかない、苛烈なものです。一人ひとりに、それぞれの人生があり、夢があり、愛する家族があった。この当然の事実をかみしめる時、今なお、言葉を失い、ただただ、断腸の念を禁じ得ません。

 これほどまでの尊い犠牲の上に、現在の平和がある。これが、戦後日本の原点であります。

 二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。

 事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。植民地支配から永遠に訣別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

 先の大戦への深い悔悟の念と共に、我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たちは、静かな誇りを抱きながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

 我が国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明してきました。その思いを実際の行動で示すため、インドネシア、フィリピンはじめ東南アジアの国々、台湾、韓国、中国など、隣人であるアジアの人々が歩んできた苦難の歴史を胸に刻み、戦後一貫して、その平和と繁栄のために力を尽くしてきました。

 こうした歴代内閣の立場は、今後も、揺るぎないものであります。

 ただ、私たちがいかなる努力を尽くそうとも、家族を失った方々の悲しみ、戦禍によって塗炭の苦しみを味わった人々の辛い記憶は、これからも、決して癒えることはないでしょう。

 ですから、私たちは、心に留めなければなりません。

 戦後、六百万人を超える引揚者が、アジア太平洋の各地から無事帰還でき、日本再建の原動力となった事実を。中国に置き去りにされた三千人近い日本人の子どもたちが、無事成長し、再び祖国の土を踏むことができた事実を。米国や英国、オランダ、豪州などの元捕虜の皆さんが、長年にわたり、日本を訪れ、互いの戦死者のために慰霊を続けてくれている事実を。

 戦争の苦痛を嘗め尽くした中国人の皆さんや、日本軍によって耐え難い苦痛を受けた元捕虜の皆さんが、それほど寛容であるためには、どれほどの心の葛藤があり、いかほどの努力が必要であったか。

 そのことに、私たちは、思いを致さなければなりません。

 寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

 日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。

 私たちの親、そのまた親の世代が、戦後の焼け野原、貧しさのどん底の中で、命をつなぐことができた。そして、現在の私たちの世代、さらに次の世代へと、未来をつないでいくことができる。それは、先人たちのたゆまぬ努力と共に、敵として熾烈に戦った、米国、豪州、欧州諸国をはじめ、本当にたくさんの国々から、恩讐を越えて、善意と支援の手が差しのべられたおかげであります。

 そのことを、私たちは、未来へと語り継いでいかなければならない。歴史の教訓を深く胸に刻み、より良い未来を切り拓いていく、アジア、そして世界の平和と繁栄に力を尽くす。その大きな責任があります。

 私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる紛争も、法の支配を尊重し、力の行使ではなく、平和的・外交的に解決すべきである。この原則を、これからも堅く守り、世界の国々にも働きかけてまいります。唯一の戦争被爆国として、核兵器の不拡散と究極の廃絶を目指し、国際社会でその責任を果たしてまいります。

 私たちは、二十世紀において、戦時下、多くの女性たちの尊厳や名誉が深く傷つけられた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、そうした女性たちの心に、常に寄り添う国でありたい。二十一世紀こそ、女性の人権が傷つけられることのない世紀とするため、世界をリードしてまいります。

 私たちは、経済のブロック化が紛争の芽を育てた過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、いかなる国の恣意にも左右されない、自由で、公正で、開かれた国際経済システムを発展させ、途上国支援を強化し、世界の更なる繁栄を牽引してまいります。繁栄こそ、平和の礎です。暴力の温床ともなる貧困に立ち向かい、世界のあらゆる人々に、医療と教育、自立の機会を提供するため、一層、力を尽くしてまいります。

 私たちは、国際秩序への挑戦者となってしまった過去を、この胸に刻み続けます。だからこそ、我が国は、自由、民主主義、人権といった基本的価値を揺るぎないものとして堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、「積極的平和主義」の旗を高く掲げ、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献してまいります。

 終戦八十年、九十年、さらには百年に向けて、そのような日本を、国民の皆様と共に創り上げていく。その決意であります。

平成二十七年八月十四日
内閣総理大臣  安倍 晋三






ラベル:自民党 思想 人物
posted by 前田 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

《 大山ゴルフクラブ、日韓交流目的の大会PR 》





参院の「一票の格差」是正のため、定数10増10減の改正公選法が28日の衆議院本会議で可決成立した。

鳥取県と島根県の選挙区が合区され、鳥取県と島根県の合区から二人参院議員を出すこととなったのか。


…ブログ主の感想かい?

うーん…。

前回の衆議院選挙を無効にしたいがために「一票の格差は違憲!」とか言って日本各地で訴訟しまくってた弁護士グループと、その訴えを受けて違憲状態であると判決を出した各地の裁判所のおかげで与党が格差是正に動き出したわけで、
『 選挙結果を無効にしたいがために頑張った弁護士グループのおかげで有権者が少ない鳥取県が割を食う結果となった 』
…と歪んだ捉え方してるよ僕は。  僕はね。

一票の格差なんて、投票率が100%に近づいてから改正すれば良かったんだ…。


僕は島根県から出る候補が素晴らしい方なら鳥取県にこだわることなくその方へ投票する。

国政に相応しい方を選ぶのだからね。





今回は、パチンコ屋のザイニチに買収された大山ゴルフクラブに関する日本海新聞の記事を取り上げておく。

大会をPRするため新日本海新聞社を訪れたというなんて事ない記事だが。


2015年7月29日の22面。

伯耆町小林の大山ゴルフクラブで8月4、5の両日に開かれる「第2回DaisenCup」(Yamazenグループ主催)を前に関係者が28日、米子市両三柳の新日本海新聞社西部本社を訪れて大会をPRした。
 同大会は、地域活性化や日韓交流を目的に昨年から開催。今年は2009年の全米プロゴルフ選手権で優勝したY・E・ヤン選手らプロ・アマ約150人が出場する。
 初日はアマチュアとプロが一緒にプレーし、5日はプロのみで決勝戦。ギャラリー観戦は無料で、USJ招待券などが当たる抽選会も行われる。
 この日は、同クラブ所属プロの平石武則さんと和田武徳支配人、同クラブ伯起会の水原勇雄会長が来社した。
 平石さんは「トッププロのプレーが間近で見られる貴重な大会。ジュニアもぜひ見に来てほしい」と話していた。


http://www.nnn.co.jp/odekake/detail.html?eid=32684




大山ゴルフクラブを買収したのはパチンコグループのYAMAZENグループ「平山善裕」氏。
本名「崔鍾太(チェ・ジョンテ)」。
あれ? なんで名前が二つあるの? 不思議だねー。


水原勇雄氏もパチンコ屋の社長。

伯起会について、過去記事《 パチンコ業界の動き 》より、6月7日の日本海新聞25面の記事を再掲載しよう。



「日本のゴルフ場100選」にも選ばれている大山ゴルフクラブ(伯耆町小林)の魅力を広く発信し盛り上げにつなげようと、鳥取県西武を中心とした若手経済人らが6日、「大山ゴルフクラブ伯起会」(水原勇雄会長)を発足させた。

キンダイ観光(米子市両三柳)社長の水原氏(44)が呼び掛けた。
「爵位を有する者」という意味がある「伯」と、「高く競り上がる」という「起」を会名にした。

この日、同ゴルフクラブであった発足式には約20人が出席。
水原社長が「大山ゴルフクラブは日本に誇れる鳥取県の財産。一緒になって盛り上げていきましょう」とあいさつ。
同ゴルフクラブの平山善裕理事長(62)は「伯起会ができたことは、ゴルフ場にとって大きな力になる。他の地方からもお客さまを呼び込むため、皆さんと協力していきたい」と力を込めた。

同会は今後、月に1回程度の割合でコンペを開催。
プロゴルファーで総支配人の平石武則さん(54)が技術指導するほか、ゴルフのルールやマナーについてアドバイスする。



―記事ここまで



魅力を発信する先が容易に想像できると過去記事に書いたが、昨日の方の記事に日韓交流と書かれてあり、やっぱりそうですよねと。

あと、大山ゴルフクラブの支配人が和田武徳という方だというのは知らなかったので取り上げてみた。




情報量が少な過ぎるのでもう一つ、とっとり市報8月号のP.26の図書館だよりの情報を紹介。

日本海新聞 記事・紙面検索サービス」が利用できるようになったそうだ。

中央図書館と気高図書館と用瀬図書館のインターネット用端末でできるのかな。

他の図書館でもできるのかね?


2000年1月1日〜数日前の記事と紙面を簡単に素早く検索し、閲覧できるデータベースとのこと。

〈利用方法〉
・「情報検索コーナー」のインターネット用端末で利用できます。
・相談カウンターでお申込みください。
※複写・プリントアウトはできません。


このブログはネットに出てない日本海新聞の記事を画像もなしに紹介してばかりなので、(例えわざわざ中央図書館なりに足を運ばないといけないにしても)確認しうるサービスがあると多少助かる。

打ち込む際に誤字脱字等してるかもしれないけど、内容の改竄は絶対してない。
それが疑わしいという方にはこのサービスで確認して貰えそうだ。

実際に利用してないからこのデータベースがどのくらいなものか分からないけどね…。




最後に、
キムチカクテルで乾杯!(四コマ韓国情報)
というブログ、素敵ですね。

イラストメインで中韓がどんな奴らか教えてくれるブログ。

イラスト一枚お借りします。


d362c3b7.jpg









posted by 前田 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。