2016年02月29日

《 とっとり市民電力とローカルエナジーについて 》





日本共産党は今夏の参院選、鳥取・島根選挙区で遠藤秀和という方を候補に擁立する方針だったが、反安倍政権野党連合の福島浩彦候補者への一本化に参加し、遠藤氏の擁立を取り下げることになったそうだ。(2016年2月26日の日本海新聞28面の記事http://www.nnn.co.jp/news/160226/20160226053.html参照)

遠藤氏は比例代表に回る予定だそうだ。

福島氏は民主党と社民党も推薦して、いよいよ鳥取・島根選挙区は自民党対反日野党連合の構図となりそうだ。

まぁこれだけ反日勢力がくっついて一本化すれば、山陰の現状というか有権者の汚鮮されてるレベルが一目で分かることになる。
マスコミに騙されないでまともな判断ができる有権者の数がどれほどのものか。



今回取り上げる話題はそんな選挙関係の話とは無関係で、電力小売全面自由化関係の話題。


とっとり市民電力ローカルエナジーについての新聞記事を取り上げる。



まず、2016年2月27日の日本海新聞27面の記事、「県内はほぼ無風」採算にらみ参入慎重 という記事を一部紹介。

前半は省略して、鳥取市と鳥取ガスの共同会社「とっとり市民電力」についての情報が載ってる部分だけ。


記事以下より―



=前略=

限定供給
 条件をクリアした上で様子をうかがう事業者もある。
 昨年8月に鳥取市と鳥取ガスが出資して設立した「とっとり市民電力」(同市、児島太一社長)。地域でつくったエネルギーを地域で活用するエネルギーの“地産地消”の実現を目指している。年間販売電力量は約650万キロワット、売上高は約1億8千万円を見込む。
 市直営の「いかり原太陽光発電所」(同市青谷町、最大出力約500キロワット)や10月に鳥取ガスが市内で稼働させる2メガワット級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を主な電源とし、小水力や太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーも活用する予定。伊藤忠エネクスが需給コントロールを担う。
 自前の電源と需給管理のシステムを準備したが、当面は小中学校や公民館など市が所有する75施設へ電力を供給するにとどめる。一般家庭への販売は「戦略を検討しており、年度内に始める」(大谷保雄鳥取ガス電力事業準備室課長)とし、制度変更や新たなライバルの出現に備えている。



―記事ここまで



とっとり市民電力に伊藤忠エネクスが噛んでるとは知らなかった。  2016年1月21日にとっとり市民電力と業務提携していたそうだ。(参考:電気新聞のこちらの記事 http://www.shimbun.denki.or.jp/news/energy/20160122_04.html


伊藤忠にはいい印象がない。

伊藤忠の丹羽宇一郎前会長は中国大使を務めるなど中国政府と関係が深く、ジャーナリストの青木直人氏によれば伊藤忠は日本の企業の中でも最も中国に献金している企業とのこと。
中国の電力事業が民営化する際に伊藤忠は、電力事業の利権を握っていた李鵬の息子に数十億円寄付したそうだ。

(参照:正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 様のこちらの記事 http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5885.html


支那の犬みたいな伊藤忠の会社が需給をコントロールするなんて嫌な予感しかしねぇ。
中国共産党の司令で電力供給を停止、乗っ取られる …みたいな悪い想像が頭をよぎる。




次は米子市の小売り会社ローカルエナジーの話題。

2016年2月27日の日本海新聞27面。


「ローカルエナジー」設立
米子市と地元5社が協定

 米子、境港両市の5社と米子市が電力御売会社「ローカルエナジー」(米子市角盤町1丁目)を設立し26日、市役所で協定書を交わした。官民が連携してエネルギーの地産地消を進め、地域の経済循環につなげる。電力の小売り自由化に合わせて4月から事業を始め、初年度は4億円の売り上げを目指す。
 同社は資本金9千万円で、中海テレビ放送(米子市)が5割、山陰酸素工業(同)が2割を出資した。他の民間は米子ガス(米子市)、皆生温泉観光(同)、三光(境港市)。米子市は1割の出資金を補正予算に組んだ。
 23日付で小売電気事業者の許可を取得。太陽光発電や可燃ごみ処理施設「米子市クリーンセンター」での廃熱発電で生じた電力を売り、関連産業による雇用増も狙う。
 売電先は自治体と電力小売会社に限定し、一般には直接販売しない。現行の電気料金より安価に設定するが、2〜3年で収支均衡が見込めるという。当面は米子市が電力を購入し、本庁舎や小中学校に充てる。
 この日、参加企業の代表や野坂康夫市長が事業推進に関する協定書に調印。社長に就いた中海テレビ放送の秦野一憲社長は「地域の企業活動で生じた利益が地域の中で消費されるという新たなビジネスモデルは地方創生の要となる」と述べた。


https://www.nnn.co.jp/news/160227/20160227005.html





中海テレビ放送が出資五割で、社長も中海テレビ社長がやるってんだから、ローカルエナジーは中海テレビ放送が相当強い力を持つことになるだろう。


中海テレビねぇ。 よく知らないや。  


中海テレビは、韓国の会社CアンドMメディアワン社と番組を共同制作してたりする。

この韓国の会社と中海テレビと鳥取県の三者で基本合意書を締結している。

この基本合意については鳥取県の報道資料のこちらのページhttp://db.pref.tottori.jp/pressrelease.nsf/webview/74637EE6E74D48A349257CD200192109?OpenDocumentより、概要を引用する。




(株)CアンドMメディアワン社、(株)中海テレビ放送及び鳥取県の3者は、日韓両国の友好強力の増進のため、韓国人の目線から見た鳥取県を取材し、鳥取県の紹介番組を制作・放映を行うことを目的として、平成25年2月18日付けで基本合意書を交換。
 平成25年度には、基本合意書に基づき、4本の番組が制作され、(株)CアンドMメディアワン社の放送網を通じて放映された。
 今回の訪問は、平成26年度の事業について基本合意書の締結を行うもの。









posted by 前田 at 17:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月09日

《 北朝鮮のミサイル発射に、別に言う事はない朝鮮総連鳥取県本部 》




2月7日、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射し、ミサイルは沖縄上空を通過。

北朝鮮に対し、絶対なんらかの制裁はしないといかんでしょう。
北朝鮮は今回のミサイル発射に日本がどう対応するかを見ているはずで、甘い対応なら今回より日本寄りの軌道でまたミサイルを発射するだろう。



今回のミサイル発射に対する県内の関係者の反応を紹介した記事を紹介。

2016年2月8日の日本海新聞20面。

「断じて許さない」 北のミサイル発射、関係者ら非難

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射した7日午前、鳥取県は県関係の漁船や米子ソウル便などの安全確認、県民や市町村への情報提供に追われた。国際社会の警告を無視する北朝鮮の暴挙に平井伸治知事は「言語道断」と厳しく非難し、拉致被害者の家族らも「挑発行為は断じて許さない」と憤った。
 県危機管理局は同日、ミサイル発射の予告時間に入る午前7時半には職員11人体制で警戒に当たった。全国瞬時警報システム(Jアラート)とEm−Net(エムネット)で発射情報が伝えられると、県関係の漁船や練習船、国際定期貨客船、やアシアナ航空機の安全確認を開始。いずれも異常はなかった。
 平井知事は「拉致問題の解決を含め、日本政府にはこのような暴挙が繰り返されないよう断固たる対応を望む」との談話を出した。
 米子市の拉致被害者、松本京子さん=1977年失踪当時(29)=の兄、孟(はじめ)さん(69)は、日本と北朝鮮が合意した拉致被害者の再調査に関しては「直接影響はないと思う」との見方を示した上で、「国民には挑発行為は断じて許さないと声を上げてもらいたい。日本政府には、強い態度で北朝鮮と交渉してほしい」と訴えた。
 在日本大韓民国民団鳥取県地方本部の薛幸夫(ソルヘンブ)団長は「人権を破壊する戦争の道具であるミサイルをつくり、発射するのは断じて許せない」と怒りをあらわにした。
 一方、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)鳥取県本部常任委員会の朴井愚(パクチォンウ)委員長は本紙の取材に対し「別に言うことはない」と語った。


http://www.nnn.co.jp/news/160208/20160208010.html




この前の水爆実験の時も、朝鮮総連の朴井愚氏は日本海新聞の取材に対し同様のコメントをしていた。

組織の代表として言うべきことはあるだろ。  北朝鮮の今回の愚行に対する批難なり日本に対する謝罪なり。

北に忠誠を誓っているから批難も謝罪もできない、それ以外の理由があるなら教えて欲しい。
忠誠のために批難も謝罪もできないって事は、朝鮮総連は北の命令なら逆らうことなく実行する組織であるという事に繋がっている。 この理屈は間違っているかな? 少なくとも日本の味方ではないのは確かだ。

実際、朝鮮総連は拉致に関与していると言われてるし。 北朝鮮の工作員シン・ガンスが韓国で捕まった時、日本人拉致の実行部隊の中心は朝鮮総連であると自白しているそうだ。詳しくはシン・ガンスで検索だ!


そんな組織は制裁の対象になっていいし、鳥取県にも日本にも居て欲しくない。


それと、民団が歯切れ良く非難しているが、北のミサイル同様、民団も日本にとって脅威。
僕はミサイルも当然怖いし脅威だと思うが、日本の教科書採択に注文つけたり外国人参政権の実現の為に政党の裏で暗躍してたりなんていう、日本を内側から侵略しているような民団の活動の方が、ミサイルよりよっぽど厄介で脅威だと考えている。

補足として、薛幸夫氏はパートナー県政推進会議にて、鳥取県に外国人特区をみたいな発言をしている。
(過去記事:《 未来づくり推進本部 》





これで今回の記事は終わろうと思ったが、ひとつ。

とっとり市報2016年2月号に、予備自衛官補の募集が載ってた。  噂の予備自衛官補や!

予備自衛官補制度とは、自衛官未経験者を予備自衛官補として採用し、所要の教育訓練を経た後、予備自衛官として任用する制度とのことだ。

余命三年時事日記の読者は、予備自衛官補がどのような目的と役割を担っているかは理解されていると思う。

初耳の方は、余命さんのブログをまとめておられるブログ「春、不遠。〜はるとおからじ〜」さんの予備自衛官補を解説しているページを読んでみてください。


一般公募および技能公募で、技能公募は「衛生・語学・整備・情報処理・通信・電気・建設・放射線管理・法務の国家免許資格などを有する人」で18歳以上53〜55歳未満となっているが、一般公募は受験資格が年齢(18歳以上34歳未満)のみとなっている。 教育訓練には日当7900円が出るそうだ。
募集の締め切りは4月8日まで。詳しいことは自衛隊鳥取募集案内所(電話0857−26−4019)に尋ねてね。







ラベル:北朝鮮 事件
posted by 前田 at 18:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

《 大同会組員逮捕、水素エネルギープロジェクト、中韓との演劇祭 》




タイトルがカオス。

今回は気になった新聞記事をいくつか紹介する。

気になる記事はあれもこれもあって、消化し切れなくて困る。


まずは2016年1月21日の日本海新聞23面の記事。

恐喝未遂容疑 看護師ら逮捕  倉吉署
 倉吉署は20日、恐喝未遂の疑いで米子市冨士見町、指定暴力団山口組大同会組員、伊藤勝己容疑者(44)、倉吉市穴窪、会社員、大嶋雄一容疑者(44)、同市伊木、鳥取県立厚生病院看護師、鈴木麻花容疑者(24)を逮捕した。鳥取県警組織犯罪対策課によると、いずれも容疑を否認している。
 逮捕容疑は、昨年9月4日午前0時10分ごろ、倉吉市内の駐車場に同市内の30代の男性を呼び出し、「はらましておいて、何逃げてるんだ、責任取れ」などと言い、養育費名目に現金を脅し取ろうとした疑い。
 同課によると、鈴木容疑者は看護師をしながら男性が店長を務めていた飲食店に勤務。男性と交際し、別れた後出産していた。
 県病院局は「公務外とはいえ、信用失墜につながり、まことに遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処したい」とのコメントを出した。


―記事ここまで



僕としては、山口組大同会の組員が逮捕されたという部分がメインのニュースだけど、鳥取県立厚生病院看護師が暴力団員と繋がってたというのも結構インパクトがあるよな。

…それ以上は言及したくないようなドロドロした内容ではある。

「はらましておいて、何逃げてるんだ、責任取れ」が正論なのが少し気になる。(事実かは知らないけど)



さっさと次に行ってしまおう。

2016年1月26日の日本海新聞24面。


水素拠点整備で協定
県など4者 総事業費は3億円

 次世代エネルギーの水素の普及と実用化を目指し、鳥取県と鳥取ガス(鳥取市)、積水ハウス(大阪市)、ホンダ(東京都)の4者は25日、鳥取市の知事公邸で「水素エネルギーの実証拠点整備プロジェクト」の協定を締結した。水素をエネルギーとして活用するスマートハウスと燃料電池車(FCV)、水素ステーションを一体的に整備し、二酸化炭素(CO2)排出ゼロの“未来の暮らし”を県から発信する。
 同プロジェクトでは、鳥取ガスが同市五反田町の約1600平方メートルの敷地内に、水を分解し水素をつくる「スマート水素ステーション(SHS)」を整備。この水素を活用して走るFCVを県がホンダから1〜2台公用車として購入し、積水ハウスは、FCVも接続できる水素利活用型住宅に改装する。
 県によると、総事業費は約3億円。県はSHS導入費の一部や学習エリアの整備など4〜5千万円を負担する。今秋にはSHS、スマートホームの整備を終えて運用を開始し、2017年度以降は水素タンクの整備などを検討する。
 調印式で平井知事は「ライフスタイル全般にわたる複合的な水素実証実験。地球環境を守るためクリーンな県づくりに動きたい」と説明。鳥取ガスの児嶋太一社長は「次世代を担う子どもたちにも水素を理解してもらう拠点にしたい」と述べた。


―記事ここまで



鳥取県は、2015年7月に「鳥取県水素エネルギー推進ビジョン検討会」を立ち上げているらしい。
そして今後、今回の実証プロジェクトが環境省の実施する平成28年度のモデル事業に採択されることを目指すそうだ。
(参照:スマートジャパンのこちらの記事「2016年は鳥取県の「水素元年」に、人口最少の県が水素社会を目指す意義 (1-2)」)

そんな動きがあったとは全然知らなかった。  鳥取県は水素で頑張るらしい。


鳥取ガスは鳥取市と組んで売電会社も作ったし、行政とうまくやってるなぁ。

…と、ちょっと待てよ…。 そういえば鳥取ガスの会長児嶋祥悟氏は、平井伸治氏を支える百合の会の前会長だったよな。

支え支えられ、平井知事はSHS導入費の一部や学習エリアの整備など4〜5千万円を負担することを決めたわけか。


ここからはゲスな僕のゲスい妄想に過ぎないので注意。
水素を使った発電、実はソフトバンクグループも力を入れるようで。
(参照:PRESIDENT Onlineの記事「世界が注目! 水素エネルギー新市場【1】 パナソニック、ソフトバンク、千代田化工……日本企業が続々参入」)

平井知事が副会長を務める自然エネルギー協議会の事務局はソフトバンク。ということはつまり、平井知事経由でこの四者間の情報、下手したら技術的な情報がソフトバンクへ… なんてゲスな想像が頭を横切ってしまった。 すまん。
あるわけないよそんなことまったくもうじょーだんきついよほんとすまん。




次のニュース行くわ。

2016年1月28日の日本海新聞25面。

アジア交流に新風を 3県主会場で日中韓共同演劇祭
 日本、中国、韓国の国際共同演劇祭「第23回BeSeTo演劇祭」が8〜10月、鳥取県を含む日本海側3県を主会場に開かれる。日本開催で東京以外がメーン会場になるのは初めて。「戦争」をテーマに切り込んだ作品の共同制作などが予定され、実行委会長で鳥の劇場主宰の中島諒人さん(49)は「演劇を通してアジアの交流を考えるきっかけになれば」と意気込む。
 演劇祭は、北京(Beijing)、ソウル(Seoul)、東京(Tokyo)の頭文字を取って名付けられ、1994年のソウルを皮切りに毎年持ち回りで開催。舞台芸術を核とする東アジアの重要な文化会議であると位置付けられている。鳥の劇場は過去2回参加した。
 今回は主会場が東京から地方に移ることで、地方創生のシンボルムーブメントと期待される。鳥取、新潟、富山の3県を会場とし、日中韓の計8劇団が参加。鳥取会場では全県的な上演はもちろん、夢みなとタワー(境港市)でのシンポジウム、学校でのワークショップなどを予定している。
 目玉は、国境を越えた若手劇団員による共同制作。テーマは、タブー視されがちな戦争をあえて扱う。「丁寧な相互理解を踏まえた上で取り組みたい」(中島さん)と、相互に訪問して歴史や認識の違いなどについて学び合う機会を昨夏から設けてきた。
 中島さんは「日本海を通じた新たな交流の形。BeSeToの『To』は、鳥取の『To』。地方だからこそ劇場にとどまらない広がりを持った交流ができ、今までにないフレッシュな風を送り込みたい」と話している。

http://www.nnn.co.jp/news/160128/20160128003.html



中島諒人氏は鳥取県教育委員会委員長。 任期はH28.10.25まで。  最近再任したんだよなたしか。
(確認は鳥取県HPのこちらのページで⇒ http://www.pref.tottori.lg.jp/64023.htm

前から鳥の劇場が東アジアと絡んでるのが気になってはいたが、今回の記事はその色が鮮明なので取り上げておこう。

戦争について中韓と丁寧な相互理解って… 中韓側に立った間違った歴史に添う形になる予感しかしない。
中島さん、教育委員会の委員長なんだし頼むよホントそこは。

鳥取県教育委員会と言えば、鳥取県教育委員会と韓国江原道教育庁は1995年8月31日に姉妹結縁協定書を締結していて、毎年教育交流事業を実施している。
(鳥取県平成28年度当初予算、事業名:教育企画費のページはこちら

小中学生を韓国に派遣する事業や、日韓のPTAが交流する事業や、教員もお互い受け入れたり派遣したりして交流する事業もあるし、教育界の汚鮮はもはや当たり前のようになってしまっている。

あなた達は韓国と交流する前に、竹島という自国の領土が不法占拠されているということがどういうことか考えた方がいいよ。
いつでも戦争相手国になりうるという意識が必要だと思う。










ラベル:事件 学校 企業
posted by 前田 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。