2015年03月22日

《 米子市議会総務企画委員会がヘイトスピーチ禁止法陳情採択 》





調子が悪くてちょっと遅くなったけど、3月17日の日本海新聞の記事を紹介しておきます。



ヘイトスピーチ禁止法陳情採択 米子市議会委

 人種差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)で、米子市議会総務企画委員会(尾沢三夫委員長、8人)は16日、差別を禁止する法整備を国に求めるよう訴える陳情を全会一致で採択した。国に提出する意見書の案を25日の本会議に提案する。
 陳情は、在日本大韓民国民団県地方本部の薛幸夫(ソルヘンブ)団長が昨年11月、県や県内4市に提出。米子市議会では継続審査となっていた。
 意見書の案が本会議で可決されれば、今月末にも安倍晋三首相ら宛てに提出される。
 同委員会を傍聴した薛団長は取材に「法整備に向けて一歩も二歩も前進。地方から声を上げることが重要だ」と話した。


http://www.nnn.co.jp/news/150317/20150317001.html



県議会の次は米子市議会ですか。

県内の他の議会はどうなってるのかな…。


県議会の時(過去記事こちら)に書いたけど、民団の薛幸夫氏は日本国籍じゃないはずで、外国籍の人間による政治活動は限りなく黒に近いグレーな行為。

そして、法整備を訴えるように陳情を出す行為は政治的意思決定に関わる政治活動だろう。政治活動だろこれは。

県議会も米子市議会も、外国籍の人間による政治活動を認めていいのだろうかという疑問が議論の場で少しも出なかったのだろうか。


…議員方を責めたい気持ちはあるが、委員会の場に民団鳥取の団長がやってきて睨みを効かせているのでは議員方もキツかろう。

反対すれば目を付けられてしまうという恐怖やプレッシャーも多少はあったのではないかと思いたい。




ヘイトスピーチに関連して、鳥取ではないが、大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例案への意見募集について紹介。

かけだし鬼女様のブログ記事(http://migigimi.blog.fc2.com/blog-entry-733.html)と保守速報様の記事(http://hosyusokuhou.jp/archives/43202235.html)をリンクだけしておきます。



市外の方でも意見を送っていいらしいので、是非ご意見を送って欲しいです。


こんな条例が一つでも生まれれば、間違いなく鳥取県が続くだろう。










posted by 前田 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

《 米子空港のCIQ体制強化へ 》




1月9日の日本海新聞に載ってた記事を今更ながら紹介。



米子鬼太郎空港のCIQ体制強化 上川法相説明

山陰唯一の国際定期路線があり、国際チャーター便も多く運航する米子鬼太郎空港(境港市)のCIQ(税関・出入国管理・検疫)窓口を増設するなど、国が2015年度予算で鳥取県内のCIQ体制の強化を検討していることが8日、分かった。入国管理局の職員も増員される見通しで、同空港だけでなく、境港への国際クルーズ客船寄港時の手続きの迅速化も期待される。
新年度予算編成に向けて要望に出向いた平井伸治知事に、上川陽子法相が明らかにした。面談は非公開だったが、平井知事によると、上川法相は「米子空港の入国管理手続きの窓口を増設し、迅速対応できるよう、予算の確保に努めている」と説明したという。
インバウンド対策に力を入れている県は、かねて国にCIQ体制の拡充を要望。平井知事は「大変いい知らせだ。感謝している」と歓迎した。
アシアナ航空ソウル便が就航する米子空港、DBSクルーズフェリーの環日本海定期貨客船が入港する境港と、県内のCIQ機能は境港市に集中している。
米子、鳥取両空港への国際チャーター便の利用者数は、2012年度の3221人に対し、13年度は夏季に中国・香港から米子空港に運航された連続チャーター便などの影響で13年度は7544人に急増。空港の機能強化が求められていた。
一方、境港への国際クルーズ客船による来航者数も、13年度の1万896人に対し、14年度(昨年11月時点)は1万 4110人に増加している。
15年度は世界最大級(4千人規模)のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の寄港も予定されている。数千人を乗せた客船が入港する場合、入国手続きに時間がかかることが課題だったが、対応できる職員が増えればサービスの向上につながる。


http://www.nnn.co.jp/news/150109/20150109010.html




この記事だけだと、政府の狙いが“外国人観光客を増やしたい”だけであるようにしか感じられないですよね。

以下を読むと政府の狙いのもう一面が見えてくる。


【朗報】安倍政権、外国人の不法入国を防止へ!!! 売国奴潰しの政策決定キタ━━━(°∀°)━━━!!! - 中国・韓国・在日崩壊ニュース
http://www.news-us.jp/article/412202074.html


2015年度予算案をめぐる11日の上川陽子法相と麻生太郎財務相との折衝で、不法就労目的で入国する外国人情報を分析する組織の新設など出入国管理体制の強化費133億円を計上することが決まった。
 新組織は法務省入国管理局に設置し、航空機の予約情報などを分析する。また、訪日外国人旅行者の円滑な出入国を図るため、国内の空港で審査ブースを拡充する。(2015/01/11-17:33)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015011100120



政府の狙いのもう一面とは、外国人の不法就労や不法滞在を防ぐことのようだ。

そういうことなら大いに賛成。

外国人の不法就労や不法滞在が減るような強化を是非宜しくお願いします。











posted by 前田 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

《 陸自と県警が米子で合同訓練 》






久々の記事更新は、久々に嬉しかった地元ニュースを紹介。

嬉しかったし、感謝を述べたい。


陸自と県警が米子でテロを想定した合同訓練を実施。





陸上自衛隊第8普通科連隊と鳥取県警は25日、米子市両三柳の陸上自衛隊米子駐屯地で武装勢力への対処を目的とした共同実動訓練を行った。

治安維持のための訓練は、5年ぶり3回目。
機関銃や迫撃砲などを持った工作員によるテロ行為などの不法行動に対し、同連隊と鳥取県警が連携して対処するという想定で、総勢約80人が参加した。

開始式で、小見明之連隊長が「国内外で不法行為が頻発し、いつどこで何が起こるかわからない時代。自衛隊と県警が連携を強化することは意義深い。真剣に取り組んでもらいたい」と訓示。
県警の後藤恭治警備部長も「16年にはサミット、20年にはオリンピック・パラリンピックが日本で開かれる。厳しい治安情勢が続くが、今回 を通じて県民の安心感を醸成するとともに、双方の技術を向上させるつもりで臨んでほしい」と呼び掛けた。

訓練は非公開で行われ、部隊の輸送や車両を調べる検問などを行った。



http://www.47news.jp/localnews/tottori/2014/09/post_20140926132040.html


―記事ここまで





米子は国際便があるし(しかも反日南朝鮮とを結ぶ便)、テロを想定や警戒しておくことは大事だと思う。

訓練をしているということがテロ抑止や国防意識の向上にも繋がるだろうし、訓練してくれてありがとうございます。

しかも、警察と自衛隊が合同でというのが最高にいいね。

ガンガン協力して、有事の際は敵を容赦なく殲滅してほしい。



実は僕、数ヶ月前に鳥取空港で警察がテロを想定した訓練をしたというニュースを新聞で見て、『是非自衛隊と合同で米子空港でもテロ対策訓練をやって下さい。お願いします。』みたいな内容を警察にメールしたのだ。

それを叶えてもらったみたいで凄く嬉しかった。


ありがとうございます!



素人目に見ても、安倍政権になってから警察や自衛隊が気合い入ってると感じる。
めっちゃ頼もしい。












警察と自衛隊を応援している方はクリック!



鳥取県 ブログランキングへ


posted by 前田 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。