2014年03月28日

《 弓ヶ浜公園が不法占有されている!? 》






米子市議会議員の「遠藤通」氏の議会での発言を会議録で見たら、興味深い話があった。


10年以上前から、弓ヶ浜公園の市の所有地が不法占有されているということだ。

許可なく建築物が建てられているそうだ。

海岸線の林の中とのこと。


弓ヶ浜公園は、陸上自衛隊米子駐屯地の近く



弓ヶ浜公園.jpg


米子駐屯地の立地の不安は前に書いた記事でも触れているが、この不法占有の話で益々不安になった。


自衛隊の駐屯地のすぐそばの海岸線に建物が不法に建てられていて、この問題を10年以上解決できていない行政…。

これは大問題だ。


どんな建物が建ってるのか確認したいなぁ。

少なくとも、潮風を受けながら10年以上建物として建っていられるくらいの強度の建物なんだろ?




以下に引用する、上村総務部長の発言によると、当該地の鉱業権者が当該建物の所有者だと推理しているとのことだ。

はっきりさせて欲しい。


不法占有し建築物を建てた目的、自衛隊の駐屯地と関係あるのだろうか。

あったら怖すぎる。





以下、平成25年9月定例会より、遠藤通議員の質問と上村総務部長の答弁を引用。

以下より―





遠藤議員


 先ほど市長が提案をされました議案第92号平成24年度一般会計決算の財産管理にかかわる問題について質疑をさせていただきます。
 この財産管理の中身ですけども、これは以前からも議会でも提起をし、議論を重ね、また当局自身もそれに向けて解決をするというこういう経過をたどってるわけでありますが、その案件は弓ヶ浜公園区域の両三柳に所在する市有財産が、市の許可もなく不法占有されている問題です。この問題について伺っていきますけれども、24年度の業務というか事務行為としてどのような取り組みが行われてきたのか、こういうことをまず1点伺っておきたいと思います。それから、現状のこの不法占有されてる状況については、どのように把握をされていますか。これもあわせて伺っておきたいと思います。それから、今日までの取り組み経過を見ておりますと、我々が報告を聞いてるのは警察なり顧問弁護士と相談、協議をしているという段階でとどまっていて、それから先の方向性が全く報告にもなってないわけですが、警察と弁護士と協議を重ねておられるようですけども、警察、弁護士は具体的にどのような指導なり助言をしてるのか、これを明らかにしてもらいたい。それから、この不法占有されておるという方についての本人確認はされておるのかどうなのか、これも伺っておきたいと思います。それから、この案件は、野坂市長が就任をされて山野助役の時代のときからの問題だと思っています。それから考えるとですね、事案発生から10年以上にわたっとるわけなんでして、不法占有が続いている現状というのは私は法的にも問題があるんじゃないかと思っておるんです。地方自治法の長の権限、あるいは地方公務員法の服務規律、こういうものから照らしても10年以上にもわたってこれが連綿と続くということ自身は、まさに行政にとって非常に大きな問題ではないかと、こう私は考えるのでありますけども、それについてのお考えをお聞かせいただきたい。それから、この問題の解決を、いつごろをめどに考えておられるのか。それともこれからも今までのようにもんもんと、取り組みの経過が何となく続いて時間がかかるのか、この辺についても伺っておきたいと思います。以上です。






上村総務部長


 今、遠藤議員さんのほうから6点、質問をいただきました。順番ではございませんけど、これについて御答弁いたします。
 まず、本件につきましての経過でございますが、平成14年11月に当該地に不法占有建築物が建っていることを確認しております。当該地の所有権等につきまして国との境界が当時未確定であったことから、これまで海岸保全管理者の国、それから保安林指定区域を管理する県などと協議を重ねてきたところですが、境界立ち会いの結果、これが市有地であると、なおかつ鳥取県が管理する飛砂防備保安林であると判明いたしたところでございます。具体的な対応といたしましては、平成23年の12月、不法占有建築物近くに建物の撤去及び市有地の返還を通告する看板を設置いたしました。さらに平成24年の4月、それから5月に内容証明郵便を発送いたしまして、この建物の所有者を確定いたしたところでございます。しかしながら、昨年12月に当事者が死亡されたことが判明いたしました。なお、当該地の鉱業権につきまして、第三者への譲渡契約による移転を中国経済産業局が許可し、8月5日付で登録されていることを確認いたしております。それから、警察、弁護士から具体的にどのような指導を受けているかということでございますが、これまでも数回にわたり米子警察署及び顧問弁護士さんには相談しておりまして、看板の設置をやることや内容証明郵便の発送等について、助言をいただいて実施してきたところでございます。それから、対応に時間を要しておるわけですけど、地方自治法第148条、先ほど言われました長の権限等、抵触するのではないかということでございますが、絶えず対応を何とかしようと思ってやってきておりますので、これに抵触するとは考えておりません。それから、当該地の鉱業権者が当該建物の所有者だと推理しておりますけど、所有者がかわるなど状況が変わってきましたことから、今後につきましても米子警察署、顧問弁護士と改めて協議しながら対応していきたいと思います。めどにつきましては、ただいま申しましたように、また一からやり直しということになりますので、いつをめどにという短期間にということはなかなかいかないのでないかと考えております。





遠藤議員


 今までの報告と余り変わらないんですよね。これどうなんですかね。行政として市民の財産が不法占有されてるということが、10年もかかっても解決がなかなか立たないと。こういうふうな事例は他にもあるんですか。ただ私は、今説明があったように、この地域は飛砂防備保安林にも指定されておりますし、都市計画区域にも入っていますよね。そういうころから考えると、ただぽつんと野っ原の土地が占有されてるという状況とは条件が違うんじゃないかなと、こう私は考えるわけです。行政目的から見た中に市有財産が不法占有されておるということを考えて、それが本人確認もできておる、ただ、本人さんが今までの方はお亡くなりになって、新しい方の相続権が発生して相続を受けておられると、だからまた一からやり直しだと、こんな話になるんですかね。私は代執行を含めて、とるべき手段はあるんじゃないかと思うんです。そういうことはできないもんなんですか。私は何かこの地方自治の大きな原則というのは、公務員の皆さん含めて、これ全体に対する奉仕者であるという大きな使命感があると思うんですよね。特定の方に対しては便宜供与するような、そういう仕事が続くというような話は、これはいかがなもんかなと、こう思うんですよ。そういう面から考えると、市長の権限である、いわゆる事務の管理及び執行権、それから担任事務と言われる149条、その地方自治法の規定から読み取ると、私はいつまでも10年以上にもわたって、それは手紙を出したり看板を立てたりいろいろしておりますから、別段仕事をしてないわけであるまいし、きちんと仕事もしておりますというようなことで免れるもんなんですかね。私は代執行を含めてやられるべき内容に、既に時間的にもたってるんじゃないですか。そこの辺の考え方はどうなんでしょうか。それから、警察と弁護士の内容ということについて、いろいろと助言もらっておられるけども、例えば警察に相談されるということは、法に基づく処置を司法当局において判断を求めるということの相談じゃないんですか。警察は、まあ看板を立てたり郵便で送っていろいろと話をされませやという段階で警察自身がおるわけですか。それとも警察としてはこういう法的手続がありますよと、いつ決断されますかということを言ってるんですか。警察と相談されとってその辺の先が全く読めない、こう私は受けとめるんですけども、その辺の考え方を重ねて伺っておきたい。それから、この問題についてですね、私は既に3代の課長がかわったんじゃないかと思うんですよ。3代の課長がかわってきても全く進展がしていかない。つまり、市長はどういう指示を出されておるか知らないけども、庁議あたりで、この問題は取り上げられてどんな確認が今までされてきたんですか。ただ担当課長だけの責任で事が終わってるのか、庁議として、市政全体の問題として市民の財産が不法占有されてることに対してどう対応するかということあたりも時間的経過から含めて庁議あたりでも協議をして、早く問題解決に資すということ自身が本来の仕事じゃないかと私は思うんですが、ここらあたりも伺っておきたいと思います。





上村総務部長


 まず、代執行もできるんじゃないかということを言われましたけど、先ほど申しましたように、この件につきましては県・国とも綿密な連絡をとり合いながら検討をしてるところでございます。まずおっしゃいました、これは保安林であると。保安林であるので森林法に基づいて復旧命令もできるのではないかということだと思いますけど、それにつきましても県と交渉をずっとやってきたところでございます。県の見解は、森林法でこの建物が違反して建てられておると。ただ、これが建ったがために非常に周りに被害が及ぶと、そういうことがある場合には当然これは復旧命令を出すと。ただ、今の状態で長年の間その建物によって被害があったと、そういうことは起きていないと。これからについても、県が見たあれではそういうことは起こらないだろうというところから、復旧命令というのは、出すまでには至らないという見解でございました。これを県が命令を出した場合には、今度は命令の違法性を争っていくわけでございますが、県の見解としては負ける可能性があるということで代執行は無理であると考えているという見解をいただいております。したがいまして、最初言われました代執行というのは無理ではないかと思ってるところでございます。それから、警察、弁護士でございますけど、弁護士は当然、法的にどういうぐあいにやっていけばという手順を言われるわけでして、それに市がどういうぐあいに対処するかという問題でございます。警察はあくまでもこれ、民事の話ですので、積極的にそれについてこうしろああしろという指示はございません。ただ助言をいただくというようなことでやってるところでございます。それから、庁議の対応でございますが、これを庁議で全体でということでございますが、私どもとしては総務管財課、農林課、総務部、経済部でまだ対応していける、長引いてはおりますが、庁議にかけて、あの場で議論したから解決するものではないと考えております。
        (「議長、議事進行。議事進行。」と遠藤議員)





遠藤議員


 あのね、議事進行で申し上げたいのは、今、総務部長、あなたのおっしゃってることを、中身を聞いとるとね、米子市の主体性というものが全く見えてこないんですよ。県のほうと相談して、国とも相談するということは、この問題が発生してから実は私も直接入って当時の担当課長あたりも来て、米子市の当時のこの問題の初代課長も協議したんですよ。国がどう言ってるかというとね、米子市の問題ですとはっきり言ってるんですよ、国が。鳥取の行政管理をするところの、財産管理する担当、何だか忘れましたけども、国が言ってるんです。自分たちがしゃべりましたけども、これは国の土地に係る問題でございません、つまり海岸線というものの位置には当たりませんと。県はどういって言ったかいうとね、あなたがおっしゃったけども、米子市が保安林にしておられるわけですから、それを県に対して、さらに保安林として整備してください、つまり大きな事業をかましてくださいという形で申請されれば県は引き取りますよと。こういうことを当時言ってるんです。文書で残ってるはずです、覚書が、協議事項が。だけど、米子市はやってこなかったんです、これ。そういう状況の中で改めてまた、そこにさかのぼったような話をされるということは、私は市の主体性というものが全く見えないと思うんですね。農林課が言ってる復旧命令というのはあくまでも市の保安林ですから、出せるわけないと思うんです。だから、そういう曖昧な話を、私はいまだかつて話が庁内で進められているということ自身が問題じゃないかと言ってるんです。だから民事のことかどうかは知りませんけども、市民の財産が不法占有されているこの事実と、保安林として維持すべきかどうなのかという話とは次元が違うんじゃないですか、これ。不法占有されてるということは、市長以下、今までの経過の中で認めておられるでしょう。だったら、不法占有してるなら不法占有してる者に対する対処の仕方というのは、市の主体性として確立されないけんじゃないですか。これが曖昧なままにいろいろな言葉を並べて、そうして延々と10年以上にもわたって問題の先送りをしてきておる、これが実態じゃないんですか。だから主体性を私は問うておるんですよ。再度、伺っておきます。






上村総務部長


 遠藤議員さん、市の主体性がないのではないかとおっしゃられるわけですけど、最初に申しましたように、私どもとしてはそれなりの対処をやってきたつもりでございます。県の保安林の今の復旧命令の話をしたのは、どのような方法があるかということで、もしそういうことができれば県のほうでやっていただけないかと。森林法で保安林の関係は県でございますので、県のほうで復旧命令出していただけないかというような、それも一つの方法として我々が考えたわけで、県におんぶにだっこでうちが何もしないというわけではございません。これも市の検討の中でやった手段でございまして、決して米子市に主体性がないというわけでございません。事実、警察あるいは弁護士とこれだけやっておるわけです、相談もしておるわけです。ただ、人も確定したわけですけど、その段階で人がかわってしまったと。そういうこともございまして、なかなか思うように現在進んでないというところでして、これからも続けていくしかないと考えております。ただ、先ほども申しましたように、10年かかったっていうのは、それだけの非常に難しい問題でございます。これを1年、2年のめどで、じゃあ解決しますというぐあいには私どもはなかなか申し上げられないということでございます。













さっさと解決させろ!と思った方はクリック!


鳥取県 ブログランキングへ

ラベル:米子市 議会 事件
posted by 前田 at 18:31| Comment(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

《 米子ゴルフ場を自衛隊に譲れ 》






米子市議会の、平成25年9月定例会(第4号9月11日)の議事録中から、「 矢倉強 」議員の質問を取り上げる。


矢倉強議員をお勧めするための記事ではないと思って欲しい。

というのは、「 米子市議会議場に国旗及び米子市旗を掲げる陳情 」に対して反対した議員だというのが引っかかっているから。

矢倉強議員については後で納得できるように調べたい。



今回は矢倉議員より、「 米子ゴルフ場 」についてがメイン。

米子ゴルフ場が「 陸上自衛隊米子駐屯地 」に隣接しているという情報が一番重要。



答弁を以下より―






矢倉議員


 一言、社会情勢述べてから本題に入らさせていただきます。安倍政権が発足してから、我が国は経済や、あるいは防衛問題に特段の配慮が払われております。とりわけ防衛政策においては、かつてタブーとされていた武器輸出三原則の大幅緩和や、海兵艇などの防衛力の大幅増強に今踏み出そうとしております。これも普通の国家づくりのあらわれかなと理解はいたしているつもりであります。しかし、世界の国々は、我が国が北朝鮮との核問題、あるいは領土問題などで対立を深めている。そういうことを、その現実を憂慮し、大変今、我が国の軍事力の、防衛力の増強に対して注目をいたしているところであります。そういう中で、オリンピックの東京招致ということが決まり、久しぶりに我が国に明るい話題が今提供されております。そして、国民はこぞって再び元気で明るく前進できると、そういう気持ちが今湧いている。そのような社会情勢、今日の社会情勢を踏まえまして、私、米子市の市議会、今定例会において、米子市のまちづくりにあるべき姿について、大要3点についてお伺いいたしますので、市長初め関係各位の皆さんの明快なる御答弁をお願いするものであります。
 まず初めに、自衛隊に隣接します米子ゴルフ場問題についてからお伺いをいたしたいと思います。御承知のように、今このゴルフ場は、チュウブ芝さんに経営を委託しております。この契約も残すところ3年余りとなってまいりました。いよいよ今後の土地利用を検討する、そういう時期に差しかかったと思っております。そもそもこの民間委託問題につきましては、私自身もここの本会議で御提案をし、そして委員長として一汗流させていただいた、そういう案件でもあるわけです。野坂市長はよくよく御承知のことであると思っております。当時は、約5,000万の赤字経営でございました。しかし、これといった妙案もないことから、5,000万で賃貸に出せば差し引き1億だでと、そういうことなどなどありまして、大なたを振るったということで、ざっとてんまつを申し述べればそういうことではなかったかなと思います。したがいまして、これが決定的な政策であったというわけではなくて、あくまでも暫定措置であったというふうに私は理解をいたしているわけであります。この米子ゴルフ場は、米子市でも唯一といっていいぐらい、今、大変貴重な米子市の財源だと私は思っております。今、米子市は、やりたくてもできない、そういう事業が山積しております。それを先送り先送りしてくれば、米子市というのはまさに沈滞してくるというのは目に見えているわけです。しかし、この財源がない厳しい状況であります。このゴルフ場問題が、私は米子市の今後の政治の大きな分岐点になるんではないかなというふうに思っております。そういう意味合いからも、市長は、一つの考え方として、このゴルフ場を売却する、そういうお考え方をお持ちになるべきではないかと思うわけですけども、まずお伺いしておきます。







野坂市長


 この米子ゴルフ場でございますけども、当時の運営団体でありました財団法人米子市福祉事業団が平成18年の3月末日をもって解散をいたしまして、平成18年4月からゴルフ場用地及び建物を新たに民間事業者に年間5,600万で貸し付けいたしているところでございます。この賃貸借期間は平成29年3月31日までとなっておりますが、その後の用地の活用策などにつきましては、議会とも御相談しながら取り組んでまいりたいと考えております。






矢倉議員


 無難な答弁だと思いますけども、私はまずお話を持っていくのは、隣の陸上自衛隊にまず話を持ちかけるべきだと思っております。なぜかと申しますと、この陸上自衛隊の駐屯地は、もともとが非常に狭あいであったわけです。近年、移転するといううわさも出たほどでございます。今、テロの最前線の一つとして指定をされて、隊員も結構ふえております。そして、イラクで活動しておった車両も多くここに導入されたという情報もあります。ますます狭あいになっておるわけです。このゴルフ場は約13万5,000坪ございます。バブルの当時は200億という声もあったとも聞いております。現在、低く見積もっても60億、70億という、431の極めていい土地であります。そのぐらいの価値はあるだろうと思っております。そういう意味合いもあって、また自衛隊さんにとっても、話しがあれば願ったりかなったりの用地ではないかと思うわけです。市長はこの自衛隊への用地問題も検討されるお考えはないか、その点伺っておきます。






野坂市長


 自衛隊の件については先ほど御答弁させていただいたとおりでございますが、本庁舎敷地としての活用ということでございますけども、本庁舎、この庁舎自体はまだ約30年使えるということでございますし、またここの賃貸借期間もあるわけでございますんで、それを考えますと、移転ということは随分先のことではないかというふうに考えております。その時点となりますと、社会経済情勢も大きく変化していると考えられると思っております。将来、庁舎建てかえということになれば、その時点で庁舎の位置についても十分な議論が必要であると思っておりまして、その庁舎、30年近く先のことを今議論するのはいかがなものかなというふうに思っているところでございます。また、企業誘致のほうについては担当部長から答弁させたいと思います。







大江経済部長


 米子ゴルフ場用地の、企業誘致の用地へとしてどうかという御提言でございます。当該用地は、先ほど議員さんも言われましたように、広いです、約45ヘクタールございます。ここは元ゴルフ場ですから非常にアンジュレーションがあるというか、あれですから、もし造成するとなると45ヘクタール相当な造成費用が必要になると考えられますし、それから広過ぎて完売ができたとしてもかなりの期間がかかるだろうと思います。現時点でも地価は下落傾向にありますので、それだけの面積を企業誘致用地としてというのは非常に難しいかと思っております。それからまた、そこの部分、御承知のように、日本海に面しておる部分でございまして、標高が佐渡島東方沖断層地震の際に想定されます本市の津波到達高4.72メートルよりも地盤が低いです、そこの部分は。ですから、その点からしますと、仮に企業さんが米子に出たいと言われても、わざわざその4.72より低いところに用地を希望されるというのは、非常に今の状況からいって考えにくいところもありまして、敬遠される要因になるんではないかというふうなことも思っております。したがいまして、なかなか企業誘致用地への転用というのは難しいというふうに考えております。







湯浅企画部長


 私を中心にして何かプロジェクトチームをみたいな話がございましたけども、先ほども市長が申し上げましたように、庁舎問題については、現在のこの庁舎がまだ30年という期間、使用可能だというふうに考えておりまして、本庁舎部会でまとめた資料ということ、米子市の考え方としてまとめたものを出しておりますので、それに沿って進めていきたいというふうに考えております。






矢倉議員


 答弁聞いておりまして、私も当然皆さんが何を答弁するか全く知りませんし、皆さん方も私がどう追及するかも全然御存じない。ちょっと、ちぐはぐが当たり前だと思いますけども、私が言っているのは、基本は米子ゴルフ場をどう処分するのか、そのときに、今、自衛隊でしたら即という話になりますけども、当然庁舎ですとか企業誘致ですと、その間の時間がある。しかし、いろんなことを議論しておくことが必要だよという意味で言っておりますので、これも市長、提言でございますので、ぜひお考えになっていただきたい。これ要望にとめておきたいと思います。






―議事録ここまで





矢倉議員、良さげだが、なぜ国旗に反対したんだ…。

事情を教えてくれ〜!




米子ゴルフ場をGoogleマップで検索した画像を貼らせていただきます。

マジで隣接してた。

米子ゴルフ場.jpg




ゴルフ場って、在日やら韓国人が関係しているイメージがある。

大山ゴルフクラブがパチンコ経営の在日「 崔鍾太 」氏に買収されたし、韓国人はゴルフをやりによく来るらしいし。
https://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2007/20070424e.asp


韓国人がウロウロする場所のすぐ横に自衛隊駐屯地…。


大山ゴルフクラブを買収した崔鍾太氏にインタビューした朝鮮日報の記事がある。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/02/2014030200148.html


祖国韓国の利益を第一に考えている人間だと分かってもらえると思うし、そのことにゾッとしてもらえるんじゃないかな。

これが在日だよ。

これじゃあ、在日は祖国から援助を受けている工作員と言われても文句言えないじゃん。




米子ゴルフ場を受託している、芝生管理の会社「チュウブ」は大丈夫かな。

社長は「 大田英二 」氏。

検索したが、う〜ん…面白い情報が見つからない。

「 日韓高校生サッカー交流IN大山 」の発起人に名を連ねているってくらいか…。

ただサッカーと芝生は無関係じゃないからなぁ。




とにかく、チュウブの次に米子ゴルフ場を受託するのがパチンコ企業の在日になっては絶対ダメだ。

さっき貼ったページを一応もう一度貼っておくが、このページに名が登場する「キンダイ観光」はパチンコ屋だし、パチンコ屋が約3年後に米子ゴルフ場を狙ってくる可能性は高いと見る。


しかもこのゴルフ場は海に面しているので、崔鍾太みたいな人物の手に渡ってしまえば、韓国からの密航者の入口になる可能性だってゼロじゃないんじゃないかな。

最悪それが武装したテロリストで、上陸した勢いでそのまま自衛隊駐屯地を占拠される…なんて最悪のシナリオさえ頭に浮かんでくる。




米子市はゴルフ場なんてやめて自衛隊に土地を譲るべし!


意見を送っておくか…。


米子市への意見送信はこちらのページから!
http://www.city.yonago.lg.jp/6784.htm











ゴルフより国防が大事に決まっている!という方はクリック!



鳥取県 ブログランキングへ




余談だが、ここのクリックお願いの仕方は、「MGRブログ 〜のんびりネトウヨの日ノ本会議場〜」さんの真似。
…パクリとは言わないでくれ。

真人さんは僕の憧れのブロガーさんの一人。




posted by 前田 at 17:14| Comment(9) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

《 米子東高PTAと辛淑玉 》





新聞記事をそのまま引用するスタイルはなるべく避けることにした。

避けても記事が書けると判断した場合は。

過去記事まで変える気は今のところないけれど。

ただ、情報だけ抜き出して使わせてもらう。


ソース確認主義の方は、『 載ってた証拠は?内容ほんとか? 』と思われるでしょう。

その疑り深さ、好きです。

できるだけ別の部分で情報の信頼性を示したいと思いますが、示せない時もあると思います。

まぁ…今後このスタイルを続けていて、読んでて不満が溜まりましたらお知らせ下さい。






今回の記事は短いです。


2月9日の日本海新聞のお知らせのコーナーに、
2月23日午後1時半に米子市錦町にある「ふれあいの里」で「辛淑玉」氏の講演会が開かれる
と載っていた。
( ふれあいの里イベント情報のページ )

東日本大震災での人権問題を中心に講演する予定だそう。

被災地に朝鮮人や中国人が団体でやってきて、津波で流された物品を奪ったり、遺体についた指輪を指ごと切り落として奪って行ったみたいな話がきっと沢山聴けるのでしょうね。


企画したのは、米子東高PTA。

PTA会長の名前くらいは紹介したかったが、検索しても見つからない。 残念。

米子東高PTA、覚えておこう。



コメント欄で、人権団体が朝鮮人差別を前面に出してるのは、“竹島の日”(2月22日)を意識しているという意見を頂いたのだが、その意見がいよいよリアルに感じられる。


辛淑玉は「 のりこえねっと 」の共同代表でもある。

朝鮮人擁護団体のりこえねっとの実質的なリーダーが、竹島の日の翌日に米子市にいる…。

これはやはり、在日団体(のりこえねっと以外でも)は竹島の日に島根で何か活動するつもりなのか? …と考えたくなる。











posted by 前田 at 18:23| Comment(0) | 米子市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。