2015年12月01日

《 DBS、冬季月1往復増便 》





鳥取県のニュースを取り上げる前にまず、
韓国人犯罪者を日本に密航させるブローカーが逮捕された
というニュースを取り上げておく。



日本への密航ブローカー摘発=高速漁船で往復―韓国
時事通信 11月30日(月)18時53分配信

 【ソウル時事】韓国の釜山警察庁は30日、日本で前科があり、通常の方法では日本に入国できない韓国人を高速漁船で日本に密入国させていた韓国人の密航ブローカーらを密航取締法違反などの容疑で摘発したと発表した。
 
 警察によると、ブローカーらは3月、1人当たり1500万〜2000万ウォン(約160万〜約210万円)を受け取り、密航者らを韓国南部の慶尚南道統営市の海岸から佐賀県唐津市の名護屋港に運んだほか、4月には4500万ウォンを受け取って、日本に密入国していた密航者1人を長崎県対馬市の港から韓国に連れ帰った。
 日本で窃盗や不法滞在などの罪に問われて国外追放されながら、再び日本行きを希望する韓国人をブローカーらはひそかに募集。漁船にエンジン3基を付けて高速化し、日韓の警備艇が追い付けない時速80〜100キロで航行していたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151130-00000122-jij-kr




日本で罪を犯した韓国人が密かに日本を往復していることも怖いし、犯罪者を密航させる組織があることも恐ろしい。


日本海に面し韓国に近い鳥取県も他人事じゃない。

こういう事実があることを受けて密航対策しっかりやらないといかんと思うよ。

国レベルで対策して欲しい話ではあるが。


鳥取県でも朝鮮半島からの密航や、国内の組織がその密航者を匿うシステムが現在進行形で存在してるんじゃないかと危惧している。



鳥取県で起きた密航事件といえば2つ知ってる。 鳥取県警察誌に載ってたやつ。

昭和21年1946年10月29日、境港で朝鮮人30名の密航事件が発生。昭和22年11月18日、岩美郡大谷海岸に朝鮮人約30名の密航事件が発生。


…近年にも密航事件が起きてないか調べて記事にしてみたいな。




…本題に入って、鳥取県のニュースを一つ取り上げる。

韓国と境港を結ぶ貨客船、DBSフェリーに関するニュース。


2015年11月29日の日本海新聞24面より。


来月から冬季月1往復増便
  DBSフェリー

 境港と韓国・東海、ロシア・ウラジオストクを結ぶ環日本海定期貨客船を運航するDBSクルーズフェリー(韓国東海市)は12月〜来年2月、旅客が好調な東海―境港間で月1往復増便する。
 ロシア経済の低迷で東海―ウラジオストク間の貨物・旅客の利用が伸び悩み、冬季で観光需要も少ないことから月1便を減便。東海―境港間の運航に振り替えることにした。
 増便分の境港への入港は12月21日、1月18日、2月7日で、いずれも出港は翌日。
 同社の日本法人(境港市昭和町)によると、東海―境港間は円安の影響で韓国人客の利用が好調で、毎回300人前後の利用があるという。
 一方、同社は12月2〜6日、東海―舞鶴(京都府)間で旅客・貨物の試験運航を実施。その間、東海―境港は運休する。



―記事ここまで




月1往復増便の話より、実は記事の最後の情報が興味深かったりする。

 一方、同社は12月2〜6日、東海―舞鶴(京都府)間で旅客・貨物の試験運航を実施。その間、東海―境港は運休する。


DBSクルーズの副社長が以前平井知事に「東海―舞鶴間は、境港航路にプラスになるニダ」みたいなこと言って、それを平井知事は「東海―舞鶴間航路は境港間航路を維持するため」と受け取ってたが、試験運航の時点で東海―境港間は運休って… 怪しくなってきたな…。
(過去記事:《 DBS支援継続方針 》

…試験運航が東海―境港間の運休の直接的な理由ではないかもしれないにしても。






最後に、ここまでの話とは関係ない内容だけど、チャンネル桜の動画を貼っておきます。

渡邉哲也さんがパチンコ業界に関する話をしている。

【パチンコ】業界壊滅?クギ曲げパチンコ台全面回収へ[桜H27-11-30]





検定機と機能的に(釘とか)違う台は撤去!と警視庁が動き出すっぽい。

マジで動き出しくれることを願う。


もし自分がパチンコ店の経営者でこんな話を聞いたら、『今のうちに回収しとかなきゃ!』って、今以上に出さなくするかもな。









posted by 前田 at 18:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

《 民団が使う理屈でした 》





韓国は今、MERS124年ぶりの大干ばつに襲われているらしいが、仏罰恐るべし。

こういう時こそ非韓三原則の一つ助けないを思い出そう。

日韓併合が良い例で、韓国を助けても後からその事実は歪曲され反対に日本が悪いことをしたことにされる。

そんな国は助けず関わらず教えず、日本に悪影響が及ばないようにだけ専念すべきだ。



今回は、日本海新聞と民団の話。

まずは、2015年6月22日の日本海新聞1面より、海潮音というコラム(?)コーナーを紹介。

 日本と韓国が国交を正常化してから22日で50周年―。鳥取県と韓国との間で住民レベルの交流がさらに伸展するよう期待する観点からも、この節目を機に両国関係改善に弾みがつけば、という思いが募る◆両国関係は今も歴史認識問題や竹島の領有権などをめぐり、ぎくしゃくしたままだ。「そんな時だからこそ地域間交流、草の根交流が大事だ」。県内の交流団体関係者から、しばしばそんな趣旨の言葉を聞く。韓国の人からも聞いた。同感だ◆昨夏、米子市を訪れた江原道束草市の女子大生は「一昨年、米子に来た時に仲良くなった友達と再会するのが楽しみ」と話した。隣国の友人に会うのを楽しみにする。それはごく自然な感情の発露だ◆草の根交流で普通の人同士がつながる。やがて友達になり相互理解を深める。つきあいが深まり、相手を理解しながら両国間の問題でも考えを言い合えるという年配の人もいる。そんな友達的な関係の広がりが大事に思える◆国同士の関係が冷えていても、交流の機会を地域住民に提供し続ける交流団体の努力は尊い。両国関係が改善すれば、もっと伸び伸びと交流できるだろう。両国政府がどう関係改善に向かうか注目したい。



―海潮音以上。


この海潮音を取り上げた理由は下線引いた部分にある。

これを踏まえて次のニュースを取り上げるが、その前に。

この海潮音が僕の大嫌いな詭弁の見本なのでちょっと反論というか批判したい。


まず歴史認識とやらは、韓国がウリナラファンタジーを押し付け日本に謝罪と賠償を出させようとし続けているという問題であり、
竹島問題は、李承晩がここからここまでウリナラの領海ニダ!と勝手に宣言して(李承晩ライン)、竹島を不法占拠しそのまま居座っているという問題である。

こんな過激な反日をちゃんと伝えず、“ぎくしゃく”だの“関係が冷え込む”だのと日本にも非があるかのような表現をすることがまずおかしいと思う。

そして、この海潮音の論説を汲むと、
民間交流する⇒韓国の人と親しくなる⇒両国間の問題も話し合える仲に⇒(韓国も一応民主主義国なので)それで国の問題の解決につながる⇒だから民間交流大事。
となると多分思うのだが、県内の交流団体が両国間の問題を話し合う場を作ってそこで日本の正当性が主張された …なんて話は聞いたことがない。

(一応)民主主義国家である国が国をあげて反日しているという側面を無視したまま、日本の正当性も主張しない民間交流は、一体何にとって大事なの?

それがない交流が、両国間の関係改善のために大事だとのたまうのか?

両国間の関係を改善するには、原因を解決するしかなく、その原因と向き合わない交流が関係改善とやらに寄与するわけがない。

韓国との民間交流など好きな人が勝手にやればいいが、それを大事だとか尊いとかいうあんたらは何なんだ。
日本の正しさも主張しないでそんなこと言ってるのは、韓国の悪事を擁護したいだけじゃないのか。


…と、毎回民間交流だの草の根交流だのについて触れるとこんな意見を長々書いてしまって記事のテンポが悪くなってしまっていかんな。

皆さんは韓国との民間交流(草の根交流)についてどう考えるだろうか。



で、この海潮音の下線部を踏まえ、2015年6月23日の日本海新聞17面の記事を紹介。


草の根交流 今こそ
国交正常化50周年で記念事業

 1965年6月22日に日韓基本条約が調印され、日韓の国交が正常化して50周年。韓国民団米子市部(金孝行支団長)はこれを記念して、7月に韓国の文化を紹介する「丸ごと1日韓国デー」を、9月に「日韓友好ハンマダン親睦ゴルフ大会」をそれぞれ開く。節目の年に、あらためて日韓の地域住民の相互理解と交流の促進を図る。ゴルフ大会に向けて参加者を募集している。
 日韓関係は近年、歴史認識や竹島の領有権などをめぐりぎくしゃくしているが、同支部は「だからこそ民間交流を活発に」(金支団長)と、料理教室・コンテストや講演会の開催などに積極的に取り組んできた。
 両国関係について金支団長(65)は「政治的な問題は政治家が解決してくれる。隣国同士、また仲良くなるのは間違いない」と国交正常化50周年を機に関係改善が進むことを期待。一方で「民間は民間で相互理解を深めることが大切」と記念事業を企画した。
 親睦ゴルフ大会は大山ゴルフクラブ(伯耆町小林)の協力を得て初めて企画し、9月10日に同クラブで開く。


=以下省略=

―記事ここまで



海潮音で言ってた、
「そんな時だからこそ地域間交流、草の根交流が大事だ」。県内の交流団体関係者から、しばしばそんな趣旨の言葉を聞く。
この県内の交流団体って、民団のことだったんですねそうですか。

まんま同じ理屈なんだもんな。

韓国からお金もらって活動してる韓国側の団体と同じセリフを書く日本海新聞。


金孝行氏は、
政治的な問題は政治家が解決してくれる(から政治的な問題は置いといて)、民間は民間で相互理解しよう
などと言ってるが、政治的問題を解決する政治家を選ぶのは私達日本人です。
主権者なめんな。

結局、国民が問題に関心を持ち、解決を望み、意思表示しないと解決なんてしないと思う。

現に竹島の不法占拠はされたままだ。



民団としては、

・全部韓国の悪事だという問題の本質から目を逸らせたい。

・日本人は、韓国に領土侵略されても散々反日活動されてもそのまま怒らず仲良くしてろ。

ってことだね。
違うってんなら韓国に帰って竹島不法占拠に反対する政治家になるかそういう政治家に投票してきて下さい。




最後に、おまけ。

上の記事の省略した部分によれば、「丸ごと1日韓国デー」というイベントで、金泰賢という神戸女子大教授が講演するらしい。

神戸女子大の金泰賢教授…有名なのかね?

有名か知らんが、作成中のリストにまた一人増えたわ。   ありがてぇ。











posted by 前田 at 18:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月22日

《 韓国清州市、鳥取市への職員派遣見送り 》





本題は最後に簡単に済ませます。

まずはとりあげておかねばならない韓国ネタを。


韓国の中学教師チョン・ジェハクとかいうのが、「佳子内親王殿下を慰安婦に送るほかない」などとヘイトを書いた記事が、韓国ネット新聞に載った。

詳細は以下のサイトでどうぞ⇩。

・【韓国メディア】「2020年、東京オリンピックはない!日本は滅びる!日本と日本人は‘人類の敵’!日本列島を沈没させる震度10の地震が必要だ」|保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/44050454.html

・佳子さま「慰安婦にするしかない」 荒唐無稽・韓国ネット新聞がまた暴言 J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2015/05/18235447.html?p=all



…韓国人ってのは総じてこういう事を考えてる民族だということで宜しいですね…?

違うってんならこのチョン・ジェハクに抗議しろ韓国人達よ。

…してないですよね…そういうことですよね…。
よし、では韓国人とはこういう人達だと判断します。


   許さんぞ。



もう一つ韓国ネタを。

人糞を食べる文化があるのは知ってたが、猫まで食べるとは知らなかったのでこちら⇩を紹介。

【韓国釜山】野良猫600匹を沸騰したお湯に入れて殺害し健康食品店に販売 → 逮捕 警察「“関節炎にコヤンイタン(猫湯)が良い”と求める者が多い」|保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/44121993.html


野良猫を生きたままお湯に入れて屠殺した後、健康院(オーダーメイド形の健康食品販売店)に売った50代が警察に捕まった。釜山(プサン)北部警察署は21日、野良猫600数匹を捕まえて屠殺した疑い(動物保護法違反)で捕獲業者のA容疑者(54歳)を書類送検した。

A容疑者は昨年2月から最近まで、釜山・慶南(キョンナム)一帯の住宅街で鶏肉などの餌を入れた捕獲檻で野良猫を捕まえた後、慶南金海(キムヘ)にある秘密の場所で屠畜した疑いを受けている。

この日警察は、「A容疑者は生きている猫をぐつぐつとフットーしているお湯に2分程入れて殺した後、毛を抜いて内臓を洗って冷凍保管した後、健康院に1匹当たり1万5000ウォンで販売していた」と明らかにした。

また、「A容疑者の秘密の屠畜場所を襲った際、猫18匹が屠畜を待っていた」と付け加えた。その後A容疑者は警察で、「600匹ほど捕まえて販売した」と供述した。

一方で警察は、「“完治が難しい関節炎にコヤンイタン(猫湯)が良い”という俗説のためコヤンイタンを求める者が多く、A容疑者は1年以上捕獲行為をして金銭を稼ぐ事ができた」と説明した。

しかし専門家は、「野良猫は牛や豚などの家畜とは違って衛生管理ができない上に、猫の身の中に棲息する寄生虫が人体に移る事があるので摂取してはいけない」と求めた。


ソース:NAVER/アジア経済(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=277&aid=0003503341



韓国には猫を食べる文化もあるらしい。

…動物の大切さを生徒に伝えるためにハムスターを丸呑みするという意味の分からない韓国人教師の話も保守速報さんで見たし、理解しちゃいけない精神構造と文化がそこにはある…。

多文化共生を推進してる方々、僕はこんな文化と共生したくないんでやめて下さい。




では本題の鳥取のニュース。

2015年5月22日の日本海新聞24面の記事を紹介。


韓国・清州市が職員派遣見送り
鳥取市の姉妹都市


 鳥取市の姉妹都市の韓国清州市が、研修目的で毎年実施している職員派遣を今年は取りやめる意向を鳥取市に伝えていたことが21日、分かった。鳥取市によると、昨年6月の清州市長選で初当選した李承勲市長の意向を受け、4月14日に清州市側が「やり方を変えたいので見送る」と鳥取市に連絡してきたという。
 清州市とは昨年度まで職員を同時に相互派遣していたが、本年度から隔年で交互派遣に変更。今年は清州市の職員を7月から12月まで受け入れる予定だった。来年、鳥取市が清州市へ職員を派遣するかどうかは未定。
 鳥取市美保地区の住民でつくる「美保まちづくり協議会」も10月に清州市を交流訪問する予定だったが、同市から「費用負担が難しく、受け入れられない」との連絡があった。



―記事ここまで




いいよいいよ、李承勲。
どんどん鳥取(日本)との交流を絶ってくれ。

相互主義から、鳥取市も来年の職員派遣は中止でいいね勿論。

ホントは日本を侵略している反日国との交流などこちらから絶つべきなんだ。










posted by 前田 at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。