2015年10月04日

《 日野町議会と日南町議会の9月定例会閉会 》





10月2日の日本海新聞で見たのだが、日南町と日野町の平成27年度9月定例会が30日に閉会。

新聞にはご丁寧に、ヘイトスピーチと安保関連の意見書の審議結果だけ載せられていた。さすが日本海新聞。


日南町議会の方は更新が早くてホームページ(http://www.town.nichinan.lg.jp/p/1/15/2/8/)で確認できるけど、日野町はまだみたいだ。



【日南町議会】

 ヘイトスピーチを禁止し処罰する法律の制定に関する陳情 ⇒採決(全会一致)

 (議員発議)安全保障関連法の廃止を求める意見書 ⇒否決



【日野町議会】

 (議員発議)ヘイトスピーチの根絶に向けた法整備を含む対策の強化を求める意見書 ⇒可決

 安全保障法制の廃案を求める意見書 ⇒採択




日南町は左に傾いていると思うって記事を以前書いたが、そこで挙げたのが、選挙の前である平成27年3月定例会での
『 集団的自衛権の行使容認の閣議決定の撤回とこれを具現化する立法に反対する意見書 』
の審査結果だ。

あれを採択した前回の日南町議会とは違って、今議会は安全保障関連法の廃止を求める意見書を否決。

議員の入れ替わりで流れが少し変わったと、希望を見てもいいのか?

荒木博議員なんか前回も議員だったがその時のは賛成してたのに今回のは反対と、よく分からない動き。



日野町議会については、このブログで触れたのは初めてのはず。

これはかなり汚鮮の臭いがする採決結果だ。

日野町議会はまた今度見てみよう。


日野町の汚鮮の臭いに関連して、取り上げようか迷っていたこの記事を取り上げておこう。

2015.9.19の産経ニュース http://www.sankei.com/world/news/150919/wor1509190050-n1.htmlより⇩

ソウルで日韓おまつり 11回目 関係冷え込む中でも好評

 日本と韓国の政府と民間団体が文化交流を進めようと毎年開いている「日韓交流おまつり2015 in Seoul」が19日、ソウルで始まった。
 おまつりは05年に始まり11回目。歴史問題などで両国関係が冷え込む中でも例年好評で、ソウルの秋の恒例行事として根付いてきた。韓国の若者約700人がボランティアとして運営に当たり、20日まで開かれる。
 今年は国交正常化50年を記念し、おまつりの初日に若者の集まる学生街、新村で、江戸時代に朝鮮王朝が日本に送った外交使節「朝鮮通信使」の行列を再現したパレードや舞台公演が行われた。
 舞台では、鳥取県立日野高校の郷土芸能部による荒神神楽や、青森県黒石市の「荒田流宝声会」の津軽手踊りなどが披露され、市民から歓声が上がった。(共同)




日野高校の郷土芸能部は昔から海外に出て神楽を披露してるようだ。

郷土芸能を守り次世代へ引き継いでくれていることはとても有り難いし、頑張って欲しいと思う。

だが、神楽は娯楽の面がありつつも神事でもあるらしいので、国内での活動の方を精力的にやって欲しいと願う。

だって海外に日本の神様いないでしょ。外国でやると神楽が持つ神事の面の否定になりはしないかと考えてしまう。
…とひねた僕は思うのだが、知識がないくせにこういうことは書くべきではないよな。
頑張って活動なさっている郷土芸能関係者にも失礼だろうし。
…けどまぁ書いてしまおう。

これは郷土芸能部の生徒ではなく郷土芸能部を海外に行かせようという大人に向けて言いたい。 生徒は何一つ悪くない。


古いが、2001年に日野高校の郷土芸能部の生徒20人が韓国旅行から帰国後食中毒の症状を訴えるという事件があったらしい。

以下こちら(http://kankoku-020115.tripod.com/korea_information/miscellany/koukousei20nin.html)のサイトより引用。

高校生20人が食中毒 韓国旅行から帰国後

 鳥取県に十三日入った連絡によると、同県日野町の県立日野高校の生徒二十人が韓国旅行から帰国後、食中毒の症状を訴えていることが分かった。
 うち七人が入院したが、いずれも軽症。
 県によると、高校生は郷土芸能部の部員で、県と韓国江原道との交流七周年記念行事の一環として、六日から十一日まで韓国に滞在し伝統芸能の公演などを行った。帰国後、腹痛や吐き気などの症状を訴えたという。
 発症者が最後に一緒に食事をしたのが韓国滞在中であることなどから、韓国での食事が原因とみて、保健所などが調べている。
      発信者/共同通信社



こんな事件が起きてもなお韓国に行かせる伝統が続いているとなると、やはり汚鮮の臭いはある。











posted by 前田 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日野町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。