2016年02月05日

《 米子ソウル便1月搭乗率と米子香港便運航支援費 》






更新一週間ぶり!
たぶん今後も、こんな感じで冴えない更新ペースと内容になると思うし、正直失踪も考えている。前から考えてはいたが。



今回は米子ソウル便と、あと三月に新しく就航する国際定期便 米子香港便の話題。


まずは米子ソウル便の先月の搭乗率。  2016年2月4日の日本海新聞25面の記事。


1月搭乗率72.4%
  米子ソウル便 微減も好調維持

 アシアナ航空山陰支店は3日、米子ソウル便の1月の搭乗率が前年同月比4.3ポイント減の72.4%だったと発表した。韓国人利用者が4カ月連続で2千人を超え、好調を維持した。
 前月(72.1%)と比べると0.3ポイント増。韓国人の利用は温泉や松葉ガニを楽しむツアーが人気で、前月比122人増の2692人だった。一方、日本人利用者は同126人減の492人で、冬季の旅行需要の減退」と1月24日の悪天候による欠航が影響して伸び悩んだ。


=後略=

―記事ここまで




韓国人利用者が増えていき、日本人利用者は減っていくという傾向は続いている。


1月と言えば、これを合わせて取り上げておこう。 民団主催の韓国への交流ツアーだ。



2016年2月4日の日本海新聞20面の記事。

一緒に調理 親睦さらに
  県日韓親善協会連合会と民団県本部「交流ツアー」

 鳥取県日韓親善協会連合会と在日本大韓民国民団鳥取県地方本部の「江原道交流ツアー」が1月29日から31日までの2泊3日の日程で行われた。県国際交流財団助成事業として米子ソウル便の支援を目的に企画され、両団体のメンバーと一般公募の県民ら32人が参加。江原道・春川市で料理作りを通じて親睦を深めた。


=中略=

 ツアーの一行は2018年に冬季オリンピックが開催される平昌で韓国を代表する冬の祭典「大関嶺雪の花祭り」を見学し、鳥取県の観光ブースを訪ねた。
 企画した民団鳥取県地方本部の薛幸夫団長は「民間レベルでの交流は、お互いの国を好きになってもらうための種まき。今後も食生活や文化の相互交流を通じ、県民の皆さんに新しい交流の機会を提供したい」と話している。   (原直司)

―記事ここまで




鳥取県国際交流財団の助成を受け、米子ソウル便の搭乗率に貢献するため、長期旅行者たる在日韓国人の方々が帰国してまた長期旅行しに日本にやってくるツアーか。 “一般公募の県民”が日本国籍とは限らないしな。

ていうか、民団はこんなツアーを毎年年何回か企画し実施しているが、「在日は強制的に日本にいる存在で、朝鮮半島に帰る場所もない」っていう設定を自ら破綻させてるよなこれ。今時そんな嘘・詭弁を鵜呑みにしている日本人も少ないだろうけど。
今回のツアーで言えば、米子ソウル便で好きに帰れてるし春川市の人達との心温まる交流は生活基盤の形成に繋げられるはずだからな。つまり在日韓国人に韓国での生活基盤がないのは民団が努めてこなかったせいに過ぎない。
まあ韓国自身が在日村っての作って受入準備を整えているらしいけども…。





次は米子香港便についての記事を紹介。  米子香港便に対して県が出す予算についての記事。


2016年2月4日の日本海新聞1面の記事。

米子―香港定期便 運航支援年7千万円
  県 カウンター整備やPR

 鳥取県は3日、中国・香港の香港航空が3月27日の就航を計画する米子鬼太郎空港(境港市)―香港国際空港間の国際定期便について、年間7千万円(上限)の運航支援費を2016年度一般会計当初予算案に盛り込む方針を県議会に説明した。空港カウンター整備や香港でのプロモーションなど受け入れ態勢の整備とPRも進める。(24面に関連記事)
 運航支援は新規路線の同便を安定就航につなげるのが目的で、米子―ソウル便(アシアナ航空)の16年度支援費(7100万円)と同規模。県は17年度以降の香港便運航支援については「検討中」としている。
 米子空港の着陸料は、新規国際路線については国が新たに導入する軽減措置で半額になるため、残り半額を県が負担。荷物積み降ろし費用の半額、保安料や航行援助施設利用料の4分の3、空港ビル施設使用料は全額を県が負担する。
 一方、県は5日の臨時議会に提案する15年度補正予算案でも、香港便などインバウンド対策として計1億9706万円を計上。米子空港でスカイマークが使用していたカウンターを香港空港用に改修し、空港や主要駅、バスターミナルの案内を多言語表示にする。翻訳タブレットも試験的に導入する。
 香港でのプロモーションも展開し、航空会社や旅行会社と交渉・調整する現地駐在員を1人配置する。香港のテレビCMを活用したPR、大手旅行社を県内に招いてツアーの商品化を働き掛ける。


―記事ここまで




16年度当初予算でまず運航支援費7千万、15年度ももう少しで終わるが15年度補正予算で1億9706万円。
これにさらに16年度補正予算も出すんだろうからなァ。 すごい額になるな。


うーん…。どうなるんだろうね米子香港便。 僕は国内の便を充実させるべきだと思っているけど、米子ソウル便に比較対象ができるという観点でとりあえずは静観したい。
…うん、元々静観するしかないのだが、あまり目くじら立てずに見たいと思う。

にしても上の記事に『運航支援は新規路線の同便を安定就航につなげるのが目的で、米子―ソウル便(アシアナ航空)の16年度支援費(7100万円)と同規模。県は17年度以降の香港便運航支援については「検討中」としている。』とあるが、この部分からも感じられる、米子ソウル便の優遇ぶりというか。
就航から何年も経つ米子ソウル便は未だ運航支援費を出してもらい、2017年度までの運航支援費が決定してんのに。








posted by 前田 at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

《 大同会組員逮捕、水素エネルギープロジェクト、中韓との演劇祭 》




タイトルがカオス。

今回は気になった新聞記事をいくつか紹介する。

気になる記事はあれもこれもあって、消化し切れなくて困る。


まずは2016年1月21日の日本海新聞23面の記事。

恐喝未遂容疑 看護師ら逮捕  倉吉署
 倉吉署は20日、恐喝未遂の疑いで米子市冨士見町、指定暴力団山口組大同会組員、伊藤勝己容疑者(44)、倉吉市穴窪、会社員、大嶋雄一容疑者(44)、同市伊木、鳥取県立厚生病院看護師、鈴木麻花容疑者(24)を逮捕した。鳥取県警組織犯罪対策課によると、いずれも容疑を否認している。
 逮捕容疑は、昨年9月4日午前0時10分ごろ、倉吉市内の駐車場に同市内の30代の男性を呼び出し、「はらましておいて、何逃げてるんだ、責任取れ」などと言い、養育費名目に現金を脅し取ろうとした疑い。
 同課によると、鈴木容疑者は看護師をしながら男性が店長を務めていた飲食店に勤務。男性と交際し、別れた後出産していた。
 県病院局は「公務外とはいえ、信用失墜につながり、まことに遺憾。事実関係を確認の上、厳正に対処したい」とのコメントを出した。


―記事ここまで



僕としては、山口組大同会の組員が逮捕されたという部分がメインのニュースだけど、鳥取県立厚生病院看護師が暴力団員と繋がってたというのも結構インパクトがあるよな。

…それ以上は言及したくないようなドロドロした内容ではある。

「はらましておいて、何逃げてるんだ、責任取れ」が正論なのが少し気になる。(事実かは知らないけど)



さっさと次に行ってしまおう。

2016年1月26日の日本海新聞24面。


水素拠点整備で協定
県など4者 総事業費は3億円

 次世代エネルギーの水素の普及と実用化を目指し、鳥取県と鳥取ガス(鳥取市)、積水ハウス(大阪市)、ホンダ(東京都)の4者は25日、鳥取市の知事公邸で「水素エネルギーの実証拠点整備プロジェクト」の協定を締結した。水素をエネルギーとして活用するスマートハウスと燃料電池車(FCV)、水素ステーションを一体的に整備し、二酸化炭素(CO2)排出ゼロの“未来の暮らし”を県から発信する。
 同プロジェクトでは、鳥取ガスが同市五反田町の約1600平方メートルの敷地内に、水を分解し水素をつくる「スマート水素ステーション(SHS)」を整備。この水素を活用して走るFCVを県がホンダから1〜2台公用車として購入し、積水ハウスは、FCVも接続できる水素利活用型住宅に改装する。
 県によると、総事業費は約3億円。県はSHS導入費の一部や学習エリアの整備など4〜5千万円を負担する。今秋にはSHS、スマートホームの整備を終えて運用を開始し、2017年度以降は水素タンクの整備などを検討する。
 調印式で平井知事は「ライフスタイル全般にわたる複合的な水素実証実験。地球環境を守るためクリーンな県づくりに動きたい」と説明。鳥取ガスの児嶋太一社長は「次世代を担う子どもたちにも水素を理解してもらう拠点にしたい」と述べた。


―記事ここまで



鳥取県は、2015年7月に「鳥取県水素エネルギー推進ビジョン検討会」を立ち上げているらしい。
そして今後、今回の実証プロジェクトが環境省の実施する平成28年度のモデル事業に採択されることを目指すそうだ。
(参照:スマートジャパンのこちらの記事「2016年は鳥取県の「水素元年」に、人口最少の県が水素社会を目指す意義 (1-2)」)

そんな動きがあったとは全然知らなかった。  鳥取県は水素で頑張るらしい。


鳥取ガスは鳥取市と組んで売電会社も作ったし、行政とうまくやってるなぁ。

…と、ちょっと待てよ…。 そういえば鳥取ガスの会長児嶋祥悟氏は、平井伸治氏を支える百合の会の前会長だったよな。

支え支えられ、平井知事はSHS導入費の一部や学習エリアの整備など4〜5千万円を負担することを決めたわけか。


ここからはゲスな僕のゲスい妄想に過ぎないので注意。
水素を使った発電、実はソフトバンクグループも力を入れるようで。
(参照:PRESIDENT Onlineの記事「世界が注目! 水素エネルギー新市場【1】 パナソニック、ソフトバンク、千代田化工……日本企業が続々参入」)

平井知事が副会長を務める自然エネルギー協議会の事務局はソフトバンク。ということはつまり、平井知事経由でこの四者間の情報、下手したら技術的な情報がソフトバンクへ… なんてゲスな想像が頭を横切ってしまった。 すまん。
あるわけないよそんなことまったくもうじょーだんきついよほんとすまん。




次のニュース行くわ。

2016年1月28日の日本海新聞25面。

アジア交流に新風を 3県主会場で日中韓共同演劇祭
 日本、中国、韓国の国際共同演劇祭「第23回BeSeTo演劇祭」が8〜10月、鳥取県を含む日本海側3県を主会場に開かれる。日本開催で東京以外がメーン会場になるのは初めて。「戦争」をテーマに切り込んだ作品の共同制作などが予定され、実行委会長で鳥の劇場主宰の中島諒人さん(49)は「演劇を通してアジアの交流を考えるきっかけになれば」と意気込む。
 演劇祭は、北京(Beijing)、ソウル(Seoul)、東京(Tokyo)の頭文字を取って名付けられ、1994年のソウルを皮切りに毎年持ち回りで開催。舞台芸術を核とする東アジアの重要な文化会議であると位置付けられている。鳥の劇場は過去2回参加した。
 今回は主会場が東京から地方に移ることで、地方創生のシンボルムーブメントと期待される。鳥取、新潟、富山の3県を会場とし、日中韓の計8劇団が参加。鳥取会場では全県的な上演はもちろん、夢みなとタワー(境港市)でのシンポジウム、学校でのワークショップなどを予定している。
 目玉は、国境を越えた若手劇団員による共同制作。テーマは、タブー視されがちな戦争をあえて扱う。「丁寧な相互理解を踏まえた上で取り組みたい」(中島さん)と、相互に訪問して歴史や認識の違いなどについて学び合う機会を昨夏から設けてきた。
 中島さんは「日本海を通じた新たな交流の形。BeSeToの『To』は、鳥取の『To』。地方だからこそ劇場にとどまらない広がりを持った交流ができ、今までにないフレッシュな風を送り込みたい」と話している。

http://www.nnn.co.jp/news/160128/20160128003.html



中島諒人氏は鳥取県教育委員会委員長。 任期はH28.10.25まで。  最近再任したんだよなたしか。
(確認は鳥取県HPのこちらのページで⇒ http://www.pref.tottori.lg.jp/64023.htm

前から鳥の劇場が東アジアと絡んでるのが気になってはいたが、今回の記事はその色が鮮明なので取り上げておこう。

戦争について中韓と丁寧な相互理解って… 中韓側に立った間違った歴史に添う形になる予感しかしない。
中島さん、教育委員会の委員長なんだし頼むよホントそこは。

鳥取県教育委員会と言えば、鳥取県教育委員会と韓国江原道教育庁は1995年8月31日に姉妹結縁協定書を締結していて、毎年教育交流事業を実施している。
(鳥取県平成28年度当初予算、事業名:教育企画費のページはこちら

小中学生を韓国に派遣する事業や、日韓のPTAが交流する事業や、教員もお互い受け入れたり派遣したりして交流する事業もあるし、教育界の汚鮮はもはや当たり前のようになってしまっている。

あなた達は韓国と交流する前に、竹島という自国の領土が不法占拠されているということがどういうことか考えた方がいいよ。
いつでも戦争相手国になりうるという意識が必要だと思う。










posted by 前田 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

《 明るい社会づくり運動と立正佼成会とタイム 》




「だからなんだよ」と言われればそれまでなんだが、この繋がりを今回初めて知って勉強になったので紹介しよう。

今後役立つかもしれないし。



NPO法人、明るい社会づくり運動のホームページのこちらのページhttp://meisha.cocolog-nifty.com/chiku/2014/07/20-a86a.htmlを紹介したい。
下に引用します。



明るい社会づくり運動鳥取市協議会『発足20周年結集会員の集い』のご報告 2014年7月 3日 (木)

鳥取県の明るい社会づくり運動鳥取市協議会(若良二会長)は、 6 月 8 日、鳥取市の立正佼成会鳥取教会で『発足 20 周年結集会員の集い−早期東北復興を応援します』を開催し、約 60 人の会員が参加しました。
 主催者の若会長の挨拶後、来賓の佐保欽也立正佼成会鳥取教会長とタイムのケイツ佳寿子会長が祝辞を述べました。
 全国明社の槇ひさ惠理事長の祝電披露につづきビデオを鑑賞。ついで、金剛座寺の染川智勇氏が「明るい社会づくりは家庭成仏から」と題して講演しました。染川氏は「明るい社会づくりは家庭円満でみんなが幸せになることである」と結語し、聴衆を魅了しました。
 講演後、「花は咲く」を全員で合唱し、功労者の松岡齋事務局長に若会長が感謝状を授与。最後に山下和夫事務局次長の発声で「三本締め」をして閉会しました。
閉会後、東北復興を応援するため、「三陸こんぶ」を記念品として会員に配布したほか、他会場では三陸のドレッシング販売が行われ、多くの会員が売り上げに協力しました。
(鳥取市明社事務局)




立正佼成会っていうのは宗教団体で、いわゆる新興宗教の組織規模で言えば「幸福の科学」や「創価学会」に次ぐ規模の団体。
(立正佼成会のWikipediaはこちらのページ

現在民主党を支持してて、安全保障関連法案の廃案を求める声明文を発表してたりする。



まずは、明るい社会づくり運動というNPOと立正佼成会の関係だが、
明るい社会づくり運動の創始者は、立正佼成会の開祖である庭野日敬氏。
(この辺の歴史はこちらのブログ記事に詳しく書かれている⇒ttp://www.meisha.me/sakamoto-jyukuchou.html)

…まぁ、両者が密接な関係にあることは検索して貰えば分かると思うし、そのことを否定する人もいないだろう。


若良二さん、明るい社会づくり運動鳥取市協議会の会長もされてるのか。(2014年6月8日時点)
知らなかった。

若良二氏は鳥取大学国際交流センター長を務めていた方で、現在鳥取県東部地区日韓親善協会会長。
ちなみに鳥取県東部地区日韓親善協会の住所・電話番号は在日本大韓民国民団鳥取県地方本部と同じ。



次は、明るい社会づくり運動鳥取市協議会とタイム(とっとり国際交流連絡会)との関係だが、これも明るい社会づくり運動のホームページhttp://www.meisha.jp/action/action022.htmlより引用しよう。

明るい社会づくり運動提唱40周年記念『耀くまちをつくる―明るい社会づくり運動活動事例集』

 鳥取大学の外国人留学生のなかに、言葉や習慣の違い、生活苦などで悩んでいる方がいると聞き、支援活動を始めたのは平成6年でした。日本で学ぶ留学生たちに、やさしいふれあいを通して、少しでも快適な留学生活を送ってもらいたい、との願いから始まったものです。
 毎年11月に「国際交流フォーラム」を開催し、書道、料理、かるたづくり、スポーツを通して友好親善を深めています。また、私費留学生に対しては「生活支援金」を贈呈してきました。そのほか、毎年4月と10月には、タイム(とっとり国際交流連絡会)が主催する新入生支援バザーに協力しています。このバザーは、新入生が生活するうえで必要な家具などを提供するために開かれているものです。
 「国際交流フォーラム」「タイム・バザー」「生活支援金贈呈」は、留学生から喜ばれ感謝されています。彼らに喜んでもらえると、スタッフも幸せなやさしい気持ちになります。
 国際交流の運営の仕方については、従来の形式的な招待型から、明るく、温かみのあるお持て成し型に改めるため、実行委員会には留学生の代表も加わっていただいています。




…鳥取大学の留学生を支援するという目的が一致して、協力関係を築いているといったとこか。

このタイムって団体は、他文化強制…じゃなかった多文化共生推進団体。

タイムの機関誌タイム・トットリ2015年12月号No.97によれば、この留学生向けのバザーは毎年年二回行われるそうだ。





まとめると、
・民主党支持団体である宗教法人、立正佼成会
・日韓親善協会会長が会長している明るい社会づくり運動鳥取市協議会
・多文化共生推進のタイム(とっとり国際交流連絡会)

…なかなか香ばしい繋がりだと思う。

ただ、こんな繋がりなんて多文化共生という広い視点で見ればほんの一部分に過ぎない。

タイムなんか、多文化共生関連で様々な人や組織との繋がりがあるだろう。

(例えば…  httpwww.google.co.jpurlsa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=16&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjHxKbKocvKAhWh56YKHYwFBQ44ChAWCC8wBQ&url=http%3A%2F%2Fdb.pref.tottori.jp%2Fpressrelease.nsf%2F5725f7416e09e6da492573cb001f7512%2F2abc9d)

またいつか取り上げたいと思う。








posted by 前田 at 18:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 団体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。